●彼氏

(画像:「絶園のテンペスト」公式Webサイトより)
©城平京・左有秀・彩崎廉/「絶園のテンペスト」製作委員会・MBS

TVアニメ「絶園のテンペスト」がMBS・TBS系その他で放送されています。

●キャスト
滝川吉野:内山昂輝
不破真広:豊永利行
不破愛花:花澤香菜
エヴァンジェリン山本:水樹奈々
鎖部葉風:沢城みゆき
鎖部左門:小山力也
鎖部夏村:諏訪部順一
星村潤一郎:野島裕史
鎖部哲馬吉野裕行
早河巧:浅沼晋太郎

●ストーリー
“はじまりの樹”の加護を受ける魔法使いの一族・鎖部。その姫宮にして、最強の魔法使い鎖部葉風。彼女は“はじまりの樹”と対をなし、破壊の力を司る“絶園の樹”を復活させようとする同族の鎖部左門によって、樽に詰められて無人島に置き去りにされてしまう。

葉風が孤島から流したメッセージを、妹・愛花を殺した犯人に復讐を誓う少年・不破真広が拾う。真広は犯人を魔法の力で見つけることを条件に、葉風に協力する。そして真広の親友で、愛花の恋人でもある滝川吉野は、真広に危機を助けられたことから、その復讐劇に巻き込まれることになる。
●既に死んでいる鎖部葉風
鎖部左門の脇にある樽から出てきた骸骨。そして人形を介して鎖部葉風が答えた現在の西暦は2年前のもの。

つまり、鎖部葉風は無人島にて既に死亡しており魔力によって現在(鎖部葉風のいる世界から見て2年後)へ人形を介して音声のみ繋がっているという事になるようですが…。

それを信じられないのは鎖部葉風本人。

当然ながら不破真広も鎖部左門の説明を信じられないようです。
●鎖部葉風の死の立証
鎖部葉風は鎖部左門との会話でいくつか不自然な点があった事に気付きます。
・彼女が流れ着いた熱帯と思われる無人島から、海流を考えると4ヶ月程度で日本まで人形が届くとは考えにくい。
・鎖部左門の極めて慎重な性格から2年以上の準備期間を置くのは妥当。


※その他にも「その骸骨を星村潤一郎が鎖部葉風のものであると認めた」というのもありますが、それは論理的思考からというよりも心情的な根拠と言うものとなります。
●不破真広の決断!
鎖部葉風が死亡した事を認識した不破真広は、人形を投げ捨てたのですが…。

※鎖部左門の提案は不破真広が魔具を捨て、降伏する事にあったようです。

但し、不破真広は元々世界の破滅云々はどうでも良く、妹・不破愛花を殺害した犯人への復讐のみが目標。そのため不破真広は利用する対象を鎖部葉風から鎖部左門へと切り替えたに過ぎないのです。

※滝川吉野は不破真広の決断には納得していないようですが…。

しかも不破真広の調査結果によると「鎖部一門の誰か」と特定されているので、鎖部左門も彼の交換条件により犯人調査に協力します。
●彼女達の絶望
鎖部葉風は自らの死について受け入れ、そして不破真広と鎖部左門の契約成立に絶望します。これらによって彼女は無人島から救われない事が確定したわけですが…。

※もちろん、彼女が死んでいるためということもありますが…。

滝川吉野はかつて不破愛花が語った言葉によって、不破真広を説得しようとします。それは…、

滝川吉野「僕には2年前の葉風さんを此処へ生きて連れてこれると立証出来る準備がある!」

※少々廻りくどい表現ですが、彼は恐らく鎖部葉風が生きているという読み(鎖部左門の嘘を見抜く)があると思われます。

そして更に、

滝川吉野「お前(不破真広)がこちら側につけば、愛花ちゃんの彼氏が誰だったのかを教えてやる!」

※もちろん、不破愛花の彼氏は滝川吉野ですが…。不破真広は未だに知らないようです。

ここで鎖部左門が慌てますが…。

問題は2年前の鎖部葉風を此処へ生きて連れてくる立証方法。それは…。

「絶園のテンペスト」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「絶園のテンペスト」第8話「彼女は死んでいた!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「絶園のテンペスト」第7話「夏休みの思い出」(ネタばれ注意)
【アニメ】「絶園のテンペスト」第6話「裏取引」(ネタばれ注意)
【アニメ】「絶園のテンペスト」第5話「揺れない乳は乳じゃない」(ネタばれ注意)
【アニメ】「絶園のテンペスト」第4話「くされ縁」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「絶園のテンペスト」TVアニメ公式Webサイト