●Knell

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
(C)GoRA・GoHands/k-project
(C)King Record.Co.,Ltd. All Rights Reserved.

TVアニメ「K」がMBS、TBS、AT-Xその他から放送されています。
<キャスト>
伊佐那社:浪川大輔
夜刀神狗朗:小野大輔
ネコ:小松未可子
周防尊:津田健次郎
宗像礼司:杉田智和
櫛名アンナ:堀江由衣
草薙出雲:櫻井孝宏
八田美咲:福山潤
鎌本力夫:中村悠一
淡島世理:沢城みゆき
伏見猿比古:宮野真守
十束多々良:梶裕貴
雪染菊理:佐藤聡美
アドルフ・K・ヴァイスマン:柿原徹也

●ストーリー
葦中学園高校は、島が丸ごと高校の敷地になっている変わった学校である。その屋上で、シロこと伊佐那社は、一匹の仔猫と共に昼食をとっていた。昼食後、クラスメイトのククリ(雪染菊理)から学園祭の買い出しを頼まれたシロは、橋を渡って街へと向かう。だがそこでなぜかガラの悪い男たち(吠憮羅)から追われるはめになり――。(第1話より)
●遠く昔の出来事
飛行船に乗るアドルフ・K・ヴァイスマン。彼は半世紀以上前にとある生物兵器開発の実験をしていたのですが…。

その実験の後に行われた戦争によって彼の姉であるクローディア・ヴァイスマンは絶命。彼女の死を契機に盟友であった國常路大覚とは袂を分かつことになります。

※國常路大覚は後の「黄金の王」となります。
●飛行船の自爆!
アドルフ・K・ヴァイスマンが乗っていた飛行船が自爆します。その飛行船は伊佐那社が乗っており、アドルフ・K・ヴァイスマンによって落とされたものですが…。

※この事件で生還した乗組員は記憶が失われており、誰が飛行船を自爆させたのか不明とのことです。
●伊佐那社のいない葦中学園高校
伊佐那社はネコによって周囲に認識させていた存在。したがって、そのネコの妖力が発動しなくなれば、これまで親しかったはずの雪染菊理を含めた者も彼の存在を認識しなくなります。彼が住んでいた学園の寮には伊佐那社が住んでいた形跡はあるのですが、どうしても「伊佐那社」の名前が出てこないため「あいつ」という代名詞のみで表現する事になります。

認識に無い存在、例えるならば伊佐那社は幽霊のような存在と言えます。
●宗像礼司、國常路大覚に接見する!
宗像礼司が國常路大覚に接見した目的。それは飛行船で爆死したアドルフ・K・ヴァイスマンの遺体の検分。どうやら宗像礼司は「白銀の王」であるアドルフ・K・ヴァイスマンの死に納得出来ない部分が多々あるようです。

一方、「赤の王」のリーダーである周防尊は未だ監禁中。その彼に十束多々良を殺害した人物からの電話がかかってきますが…。怒りに震える周防尊は監禁場所から抜け出し、十束多々良殺害犯の元へ向かう事になります。もちろん彼の身柄はセプター4の管理化にあり、淡島世理達が制止しようとしますが彼を止める事は出来なかったようです。

周防尊の脱獄に対して吠憮羅のメンバー全員で出迎え、彼等の総攻撃が始まろうとしています。

そう言えば今回、伊佐那社やネコの出番は無し!「K」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「K」第8話「飛行船の男」(ネタばれ注意)
【アニメ】「K」第7話「記憶再現」(ネタばれ注意)
【アニメ】「K」第6話「伊佐那社、存在の否定」(ネタばれ注意)
【アニメ】「K」第5話「捜索する2大勢力」(ネタばれ注意)
【アニメ】「K」第4話「アリバイの証明」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「K」TVアニメ公式Webサイト
「K」AT-X公式Webサイト