森喜朗・元首相(75)は、43年に及ぶ国会議員生活を終える前日、本誌の取材を受けた。プロインタビュアーの吉田豪氏が、在任中に起きた「えひめ丸事件」の真相に切り込む。

──えひめ丸事件のときに、ゴルフをしてたことで叩かれてましたけど(※注)。

森:もう思い出したくもないけど、あれもテレビのいい加減な報道で。あれはちょうど6番か7番(ホール)のときで、そこで秘書官から電話が来たんですよ、「詳しいことはわかりませんが、どうもハワイでこういう事故があったみたいです」って。「じゃあ、すぐ帰ったほうがいいのか?」って聞いたら、「いや、もうちょっと様子を見るからそっちにいてください」と。

 でも、ゴルフ場で座っているわけにいかないじゃない。後ろの組がどんどん来るんだから。そうじゃなくても嫌がられてるんだよ、SPが周りにいるから。だから、早くホールアウトしようとしたら、「事故の報告を聞いてるのにゴルフやってた」とか叩かれて。

 そのあとも「着替えてから(官邸に)行ったほうがいいか?」と聞くと、「そうしてください」って言うんで途中で着替えて行ったら、今度は「すぐ飛んで行かないで、シャワー浴びてから行った」と書かれた。でも、ゴルフウエアのままで官邸に入ったら、今度はなんて書かれたことか!

――絶対に叩かれますよ!

森:そういうバカな話なのよ。とくにひどいのは、冬なのに私のゴルフ映像は真夏の格好で、麦わらの帽子に半袖のシャツ。それをNHKも含む全テレビ局が扱うんだから。

――別のときの映像だったんですね。

森:そんなのは済んだことだからいいんだけど、そういう不愉快な形にして、政治をできないように追い込んでいくっていうのがマスコミとしていいかどうかだよな。野田(佳彦首相)君を見ていても気の毒な面があるね。スポーツのように、お互いに相手を称えあう雰囲気がないんだよ。

 アメリカではオバマとロムニーがあれだけ激しいことを言っている。前のときなんかもっとひどかったじゃない。相手の家族の悪口を言ってみたりね。でも、あんなことをしても終わったら握手してるんでしょ? そういうスタイルは日本にないんだよね。

【*注】2001年2月に米国ハワイ沖で愛媛県立宇和島水産高校の練習船「えひめ丸」が米原子力潜水艦に衝突され沈没した事件。休暇中だった森氏は事件の一報を聞いた後もゴルフのプレーを続けていたとして非難を浴びた。

※週刊ポスト2012年12月7日号