北朝鮮の国営朝鮮中央通信は2012年12月1日、「朝鮮宇宙空間技術委員会」のスポークスマンの話として、ロケットを「平安北道鉄山郡西海衛星発射場から南の方向に12月10日から22日の間に発射する」と報じた。北朝鮮では、12年4月にロケット打ち上げを失敗したが、

「欠陥を分析し、衛星と運搬ロケットの信頼性と精度を改善するための事業を深化させ、衛星を発射することができる準備を終えた」

と主張している。