Red Brick Ventures K.K(本社:東京)MakaMaka事業部は、本音で話せる仲間限定SNSのモバイル向けアプリケーション『MakaMakaApp』を開発し、Apple社のAppStoreからのダウンロードサービスを2012年11月30日より開始しました。
『MakaMaka』は、現在普及している一般的なSNSサービスで多くの人が感じている「人間関係がオープンすぎてプライバシーがない」「波及力が高すぎて発言に常に配慮しなければいけない」「友達のリクエストを断りにくい」などのSNS疲れを解決するサービスを提供します。

現実の仲間の輪を強力サポート!新しいタイプのSNS『MakaMaka』では、1つのアカウントが持てる友達の上限を100名とし、独自のコミュニケーション構造である「MakaMakaサークル」を通して、現実世界の仲間の輪をサポートし本音トークの後押しを目指します。
友達登録の際に予めグループ仕分けを設定することにより、投稿ごとに希望するグループを選定するだけで希望する相手と会話することができます。
サークルの内訳は相手から見えない仕組みなので、現実の人間関係が変化した場合には、アプリ内でも友達リストをメンテナンスできます。
シンプルなユーザーインターフェースにこだわり、写真のアップロードやコメントの投稿等、必要最小限の機能を集約しています。今後は動画の共有機能やボイス機能の実装を予定しています。

「MakaMakaとはハワイ語で仲間という意味。現実世界の仲間とストレスなく本音のコミュニケーションができる場を提供したい。本物の感動をMakaMakaを通して共有して欲しい。」と開発に至った想いを語るMakaMaka 事業責任者の瀬戸和信氏。

『STRIDER JAPAN』と業務提携し、安全性を求める子育て世代にPRMakaMakaは、米国生まれの2歳以上の子供を対象としたペダル無しランニングバイク(自転車)を販売している『STRIDER JAPAN(ストライダー・ジャパン)』と業務提携し、STRIDER利用者のような同じ趣味趣向を持つ仲間同士における利用イメージを打ち出していきます。

「STRIDERの国内利用者は12万人。そんなSTRIDER仲間とのコミュニケーションツールとしてMakaMaka は役立つと思います。」と提携の理由を述べたSTRIDER JAPAN日本責任者、株式会社豆魚雷社長・岡島和嗣氏。

MakaMaka は「お友達と撮った写真を安全なSNSで共有したい」という子育て世代を中心に社会活動、地域活動など、現実世界で交流のある仲間の輪をサポートしていきたいという。

特別仕様STRIDERバイクプレゼント!
オープニングキャンペーン実施中
■STRIDER ×MakaMaka 特別仕様バイクをプレゼント!
2013年1月15日までにMakaMakaに登録し、STRIDERバイクの写真をご自身のタイムラインへ投稿いただいた方の中から抽選で1名様にプレゼント。

■トリックスター太陽くんの技のオリジナル映像が見られる!
MakaMaka 登録者全員に、日本を代表するトリックスター道城太陽くんの技を収録したオリジナル映像の視聴機会を提供します。

■TimeOutBox を1名様にプレゼント!
お父さん、お母さんと過ごせる時間が長くなる!?2013年1月15日までにMakaMaka に登録していただいた方の中から抽選で1名様にプレゼント。


MakaMaka ホームページ
http://www.makamaka.ne.jp/

MakaMaka 公式Twitter
@MakaMakaJAPAN