ライオン会長 
藤重貞慶 
1947年、埼玉県生まれ。県立熊谷高校から慶應義塾大学商学部卒。69年ライオン油脂(現ライオン)入社。シャンプー「エメロン」を担当するなど、主にマーケティング、商品企画を担当。その後、イノベーションルーム室長、取締役国際事業本部長などを経て、2004年3月社長、2012年1月より現職。

写真拡大

21世紀になって“幸せの方程式”が変化しつつあります。20世紀は、「モノの豊かさ」が幸せを左右する時代でした。しかし、モノが充足するにつれて買いたいものがなくなり、余ったお金が金融を肥大化させてリーマンショックを引き起こしました。もはや多くの人が、モノやお金ではなく「心の豊かさ」が大事であると気づき始めています。

心の豊かさを一言でいうと「量より質」です。たとえば日本人男性の平均寿命は約79歳(2009年)ですが、WHOが2004年に発表した日本人男性の健康寿命(自立的な生活が送れる年齢)は約72歳と、7年も開きがあります。女性も同様な傾向にあり、人生の晩年に何年間も人間の尊厳を傷つけられるような生き方をせざるをえません。これが、はたして本当に幸せなことなのか。21世紀の幸せの方程式でいうと、健康寿命を延ばして人間本来の生をどうやって全うするか、「ウエー・オブ・ライフ」を追求することが、幸せへとつながるような気がします。

ただ、人間本来の生き方を追い求めるにしても、環境問題や食糧問題、財政金融問題など、現実にはさまざまな制約条件があります。こうした条件の中で、心豊かなライフスタイルを築きあげるにはどうすればよいのか。それを考えるヒントになるのが、富山和子さんの『川は生きている』『道は生きている』『森は生きている』のシリーズ3部作です。

それぞれ簡単にご紹介しましょう。『川は生きている』は、多くの恵みを運んでくれる一方、氾濫によって暮らしに大きな影響をもたらす川と、日本人がどのように付き合ってきたのかを教えてくれます。

一方、『道は生きている』では、並木道がいかに人に優しいシステムだったのかを説いています。旅といえば命がけだった昔の日本人にとって、並木は涼しい木陰をつくり、木の実を提供してくれる重要な存在でした。しかも街道筋に住む人たちは、何百年もの間、並木の世話を黙々と続けてきた。かつての日本では、人が人に、あるいは社会が人に優しかったことがよくわかります。『森は生きている』も示唆に富んでいます。人間が生きていくためにもっとも必要なのは土であり、土を大地に張り付けておいてくれるのは森林の役目です。だからこそ、森をないがしろにした文明は土を失い、滅びていった。もう一度、森や土を育てることは、人間が取り組まなくてはいけない重要な課題です。

このシリーズは、さらに『お米は生きている』『海は生きている』と続きますが、テーマは一貫しています。水と緑と土は一体であり、日本人は気の遠くなるような長い年月をかけてそれらを育み、それが日本の豊かな国づくりの大もとになってきました。こうした人間と自然のかかわりを理解したうえで、21世紀を生きる私たちは、自然とどのように付き合っていけばいいのか。このシリーズは児童書ですが、子供だけでなく、大人もぜひ深く読み、子供と一緒に語り合ってほしいと思います。

実は私が3部作に出合ったのも大人になってからです。私が入社した当時から環境対応は社内で大きなテーマになっていました。1960年代には洗剤による河川の発泡問題が起こり、当社は分解性の高いLASやAOSという新素材のソフトタイプ商品にいち早く切り替えました。70年代には富栄養化問題があり、これも日本で当社が初めて無リン化商品を開発しました。また72年からは洗剤原料を植物原料化する研究を始めるなど、会社として非常に問題意識は高かったわけです。

私自身、マーケティング部門で商品開発を担当してきたこともあり、どうすれば植物原料の割合を高められるのか、再生紙をどのように活用すべきかなど、大きな関心事でした。そんな折、たまたま書店で見かけたのが、この3部作だったのです。前述したように環境対応が大切であることは仕事を通して実践的にわかっていましたが、このシリーズを読んで、自然との共生とはこういうことなのかと、すっと腑に落ちたのです。

当時の私はもう30代に入っていたでしょうか。いい大人が児童書なんて、と思われるかもしれませんが、もともと私の読書の原点は、子供のころに通いつめた貸本屋にあります。当時は1冊10円だったはず。漫画から少年少女文学全集、さらに大人が読む本まで、ありとあらゆるジャンルの本が雑然と並べられていて、手当たりしだいに読み漁っていました。いま書店に行っても、当時と同じ感覚です。特定のジャンルにこだわることなく店内を物色し、面白そうな本があれば児童書でも何でも気にせず手に取ります。

3部作を読んで得心してからは、チームの仲間にも勧めるようになりました。話すだけでは簡単に伝わらないことも、お互いに大事なことが腑に落ちて共通の認識を持っている状態で話し合えば、言葉が届くようになります。普通の本では読むのに時間がかかって勧めづらいこともあるのですが、この3部作なら1〜2時間ほどで読めるし、それでいて奥が深い。チームワークを高めるのに最適な本でした。

同じ価値観を共有することは、企業活動にとって重要なことです。近年、和歌山県のウミガメ産卵地で、アライグマによる食害が問題になっています。それを聞いた当社の大阪工場有志が防護柵の製作をお手伝いしているのですが、うれしいことに、運送会社やビルメンテナンス会社の方など社外の方々も参加してくださっています。ボランティア活動なので仕事とは直接関係ありませんが、このように社会のお役に立つという共通の目的を持っていると、チームワークがよくなって、仕事のうえでも生産性が非常に向上します。価値観を醸成してくれるような深みのある本にも、これと同じような効果が期待できるのかもしれません。

その他、本質的なことに気づかせてくれる本としては、先ごろ亡くなった民族学者・梅棹忠夫さんの『文明の生態史観』(中公文庫)もお勧めです。この本は、動植物という自然共同体の歴史を紐解く生態学の法則をモデルにして、人間共同体の文明史を捉えなおした野心作です。50年以上も前に発表された著作ですが、自然が人間の生理を深いところで決めていくことを考えると、このモデルに対する新鮮な驚きと感動は読後40年経ったいまでも消えません。

梅棹さんは、ユーラシア大陸における諸文明を、気候が温暖で自然に恵まれた第1地域(日本と西欧)、大きな乾燥地帯を持つ第2地域(その他すべての地域)に区分しました。とくに興味深いのは、巨大な国が出現しては自然から収奪し尽くし、建設と破壊を繰り返すという第2地域の特徴です。いま世界の成長センターである中国やインド、ロシアは、第2地域に位置しています。こうした国々に向けて、自然とうまく付き合ってきた日本は、何か伝えられることがあるのではないか。改めて深く考えさせられます。

今回ご紹介した本は、いずれも自然科学と社会科学を結びつけて物事の本質に迫るものです。環境問題というと自然科学の見地から語られがちですが、単に自然を昔に戻せばいいという話ではありません。仮に日本人が数千万人しかいなかった江戸時代に戻れても、水や緑、土だけで1億2000万もの人を養うのは困難でしょう。

自然と仲良くしてエネルギーや食糧などの恵みを受けつつ、新しいコンセプト、新しい技術で、人間本来の生き方を模索していく。それが21世紀の幸せの方程式で求められる心の豊かさ、そして社会の発展につながるのだと思います。

■藤重貞慶氏厳選!「役職別」読むべき本

部課長にお勧めの本

『呼吸入門』齋藤 孝著、角川文庫

生きるということがどういうことか、感得させられた1冊。日本人が長い間大切に保ってきた、呼吸力による身体文化を取り戻し、人生を強く、豊かに生きてほしい。

『ゾウの時間、ネズミの時間−サイズの生物学』本川達雄著、中公新書

『竹西寛子の松尾芭蕉集・与謝蕪村集』竹西寛子著、集英社文庫

『エッセイで楽しむ日本の歴史(上・下)』文藝春秋編、文春文庫

若手、新入社員にお勧めの本

『小説十八史略(全6巻)』陳舜臣著、講談社文庫

神話伝説の時代から13世紀の南宋滅亡まで、中国史のエッセンスが凝縮された歴史書。個性豊かな登場人物たちが生き生きと活躍し、人生の悲喜劇が描かれる。ありとあらゆるタイプの人物が登場するので、社会に出て間もない若手社員にいい勉強になると思う。

※すべて雑誌掲載当時

(村上 敬=構成 的野弘路=撮影)