救急車を呼んだことありますか




いざという時に駆けつけてくれる救急車はやはり頼りになる存在です。最近ではタクシー代わりに呼んだりする非常識な人もいるらしいですが、実にけしからん話です。そういったむちゃな理由ではなく、救急車を呼んだことがあるかを聞いてみました。



調査期間:2012/8/28〜2012/8/30

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数 1000件(ウェブログイン式)



■あなたは救急車を呼んだことありますか?



はい 227人 22.7%

いいえ 773人 77.3%



救急車を呼んだ経験のある人は約23%。4〜5人に1人が救急車を呼んでいます。割合的には高めではないでしょうか。



■救急車はどのくらいで来た!?



救急車はどのくらいの時間で来たか、またどんな状況で救急車を呼んだのかを聞きました。ご紹介します。



●到着までの時間:1分

けが人が自動車の下敷きになり、引き出せない状況。(愛知県/男性/29歳)



かなり切迫した状況ですが1分で救急車が到着して良かったですね。



●到着までの時間:5分

新型インフルエンザで熱が40度を超えてどうしようもなかった。(大分県/男性/25歳)



一人暮らしで誰も看護してくれない時は救急車に来てもらわないとどうしようもないですね。



●到着までの時間:記憶では5分くらいと思いますが、もうろうとしていて確かではありません。

朝起きたら身体が動かなかったので、自分で呼びました。(東京都/男性/37歳)



そうですね。もうろうとしていたら時間の感覚はおかしくなりますよね。



●到着までの時間:7、8分

子供が熱性けいれんで意識を失ってしまった。(大阪府/女性/29歳)



「自分の体でない方が心配」なんて言いますが、子供の場合は気が気ではなかったでしょう。救急車が到着するまでの時間を非常に長く感じたのではないでしょうか。



●到着までの時間:10分ほど

階段で子供が転んで血だらけになっていたので救急車を呼んだ。(愛知県/女性/24歳)



子供は気をつけて見ていないと思わぬことを起こすものです。血まみれの姿を見た時はさぞ驚いたことでしょう。



●到着までの時間:10分くらい

産後、経験したことのない悪寒、嘔吐(おうと)、高熱で歩けなくなり担架で運ばれた。(東京都/女性/28歳)



出産を経験すると、自分でも思わぬほど体が消耗しているものです。女性は気をつけないといけませんね。



●到着までの時間:15分くらい

自分自身では全然動けなかった状態なのでよくわからない。(愛知県/男性/23歳)

何が原因だったのでしょう。取材先で聞いたのですが、救急車が到着しても部屋のドアを開けられないような状態の人も少なくないそうです。



●到着までの時間:20分

救急車を呼んで20分かかって、命に別状がないことから状況などいろいろ聞き取りなど行うのに10分くらいかかって、また病院に着くまで30分くらいかかった。(愛知県/女性/35歳)



病院に運んでくれるまでに随分時間がかかったんですね。これは苦しいですね。「早く運んでくれ!」と内心で絶叫していたのではないでしょうか。



●30分ほどで

吐き気が止まらずに過呼吸を併発したため。(東京都/女性/24歳)



過呼吸はとても苦しいです。すぐに紙袋を口に当てるなどの対処が取れればいいのですが、そこまで冷静になれる人はめったにいませんよね。吐き気がある場合にはなお困難でしょう。



アンケートの結果によると救急車はほとんど10分程度で到着しているようです。さすが日本の救急隊は優秀ですね。あなたは救急車を呼んだことありますか?







(高橋モータース@dcp)