日本出版販売株式会社が、12月1日より"「このミステリーがすごい!」がすごい!フェア"を全国の参加取引書店約800店で展開中です。

 これは宝島社が毎年12月に発行している、ミステリー小説をランキング形式で紹介した書籍「このミステリーがすごい!」とタイアップした店頭フェア。

 フェア対象の店頭では12月1日から、文庫化している2002〜2009年版ランキング1位作品を展開。宮部みゆきの代表作のひとつである「模倣犯」や横山秀夫の「半落ち」、伊坂幸太郎や東野圭吾らの話題作から意外な名作までが一挙に売り場に並んでいます。また店頭に張り出されたポスターやPOPでは、歴代のランクイン作品とそれぞれの魅力を紹介。気になっていた作品を一気にチェックすることができます。

 12月8日からは「このミステリーがすごい!2013」が販売され、それに伴い今年のランクイン作品も売り場に並ぶ予定。同時に、フェア対象商品の帯の応募券を送ると図書カードが当たるキャンペーンも実施されます。

 歴代の名作から今年話題の作品まで、ミステリーを堪能しつくせるフェア。書店に足を運んでみてはいかがでしょうか。



『ファミコンの思い出』
 著者:深田 洋介
 出版社:ナナロク社
 >>元の記事を見る



■ 関連記事
生き延びるために電話、映画、時計、猫がなくなったら?
ハートわしづかみ! くまのがっこうからクリスマスの新刊
「長男ぽくない長男にする」9歳でバルサ所属の建英くんへの教育方針


■配信元
WEB本の雑誌