人生なめてる位がかわいい!笑って許される女になる方法


気が乗らないことからは何としても逃げるのに、それがなぜか笑って許されてしまう。こういう女の子って、学校や職場にもひとりはいませんか?

真面目女子からするとこういう子って本当にずるく見えるし、やっぱりかなりうらやましいですよね。今回は、笑って許される女が使ってる小ワザを、こっそりお教えしちゃいます。





■1.体弱いアピール



許される女は、「体調悪くて・・・」の一言で大体のめんどくさいことを退けます。



これを言われてしまうと、それ以上強いることはなかなかできないので、かなり最強の一言だといえます。普段から「私、貧血になりやすくて」「おなか弱いんだよね」と公言しておくとより効果的ですね。



■2.好き嫌いをはっきりさせる



許される女は、「好きなものは大好き、嫌いなものは大嫌い」ということをはっきり他人にも示します。はっきりした意思の前では、どんな言葉も意味をなしません。普段から好き嫌いをはっきり公言することで、多少モメても相手があきらめてくれるのです。



■3.許すのが得意



許される女は、他人に「許される」だけではなく、自分が他人を「許す」のも得意です。自分にも他人にも甘いんですね。



だれかに迷惑をかけられたときでも「別にいいよ、しょうがないよ」と笑って許すため、逆に彼女が失敗したときも、周りのひとは思わず許してしまうというわけです。



■4.メンタルの弱さは隠さない



人に弱いところを見せまいとがんばる女子も多い中、許される女は堂々と「私いま弱ってます!」「傷ついています!」と全力でアピールします。泣きたいのを我慢してけなげに笑顔でがんばるなんて論外。人前で泣くことをまったく恐れません。



弱さをさらけ出すことで、たとえ大事な集まりに出席できなくても「あいつ最近大変そうだったからな・・・」と同情すらしてもらえるわけです。



■5.感謝する



許される女は、「重い物運んでくれてありがとう」と小さなことにもその都度きちんと感謝しつつ、「いつも助かってるよ、ありがとう」としっかり伝えることも忘れません。



コツは、感謝の言葉とともに、最上級のにっこり笑顔もプレゼントすること。許される女とは、つまり「憎めない女」なのです。



■おわりに



「やりたくないことはやらないもん。それでもまあ、誰かしら助けてくれるし何とかなるでしょ」と人生なめてる女は、同性から見れば腹が立つだけですが、男性から見れば「ほっとけない、かわいい女」であるのもまた事実。彼女たちのワザをこっそり盗んで、おいしいとこどりしてみるのもアリかもしれませんね。



参考図書:ジョン・グレイ『大切にされる女(わたし)になれる本』三笠書房



(小嶋もも/ハウコレ)