愛知県美浜町の「えびせんべいの里」で、40種類のエビせんべいを食す!

写真拡大

名古屋名物として必ずエビフライが挙げられるのは、やや演出されている感がなきにしもあらずだ。

しかしエビが大好きな県民性ってのは、確かに当たっていると思う。

エビせんべいの生産量でも、愛知県はなんと全国の8割というシェアを占めている。

そのエビせんべいのメッカと言ってもいい場所が、愛知県美浜町にある「えびせんべいの里」だ。

ここはいわゆる「生産現場の見学ができる工場」なのだが、その規模がすごいという。

何がすごいのか気になるじゃないか! ということで、訪問してみた。

「えびせんべいの里」は、南知多道路の美浜インターを降りてすぐのアクセス至便な場所にある。

見た目はもろに「THE・工場」で、ドーンと社名のロゴが目立つ以外は特に特徴ナシ。

しかし何か物々しい雰囲気だ。

それもそのはず、駐車場が大混雑しているのだ。

土曜の昼とはいえこりゃひどい! しかも観光バスまでバンバン発着してる。

観光バスツアーのルートにまで組み込まれてるようなのだ。

広々とした建物の中に入ると、スペース一面が全て、この工場で生産されたであろうせんべい売り場になっている。

ちなみに、せんべいの全てがエビ味というワケじゃない。

イカとかタコとか、いわゆる魚介系のせんべい全般が生産されている。

もちろん主力はエビだけれど。

そして、その商品一つひとつの前に試食ケースがあり、みんなバクバクそれを食べているのだ。

ちなみに、ほとんどのせんべいがひと口サイズ。

ぱくっと口に放り込める、計算され尽くされた大きさだ。

しょせんは試食なのだけれど、その数がハンパない。

ざっと数えて40種類、いやそれ以上の種類は余裕であるだろう。

考えてみてほしい。

1種類2枚として、80枚は食べられる計算だ。

まずは1枚、定番のエビせんべいを口に放り込む。

ふわっと軽く、じんわりとエビの風味が口いっぱいに広がる。

やはり、うまいっ! 思わず2枚、3枚と……。

いかんいかん、他のせんべいが食べられなくなる。

こんな感じで試食が続く。

塩味に飽きても問題ない。

ピリ辛味、ゴボウ味、カレー味、そしてイカスミ味と、豊富な味のバリエーションなのだから。

コメンテーター風に言えば、「えびせんべいの大航海時代や〜」ってなとこだろうか。

そんなこんなで、累計50枚以上は平らげてしまった。

さすがに口が塩っぽくなってきたところで、別室のカフェコーナーに移動しよう。

ここではお茶とコーヒーが飲み放題なのだ。

あったかいコーヒーがせんべい三昧で、塩分濃度高めになった口にやさしく沁み渡る。

ふぅ。

ほっとひと息。

カフェコーナーにせんべいは持ち込み禁止なんだけど、逆に言えば持ち込まなかったら何杯でも飲めるワケ。

せんべい→コーヒー→せんべい→コーヒーの無限スパイラルだってできちゃうのだ。

何という太っ腹(笑)。

とはいえ、ここまで至れり尽くせりだとお客も申し訳ないようで、エビせんべいがガバガバ売れて行く。

かくしてレジ前もまた長蛇の列になるのであった。

ちなみに、300円でエビせんべい作りができるのもこの施設の魅力だ。

直径30センチの大判のエビせんべいを生地から焼ける。

しょうゆやソースで字や絵を描いて、オリジナルの1枚が作れのだ! 所要時間はわずか10分ほどと時間もちょうどいい。

名古屋を訪れる際には、家族でも夫婦でも、そしてひとりでも楽しめる「えびせんべいの里」まで、ぜひ足をのばしてみてほしい。

●informationえびせんべいの里 美浜本店美浜町大字北方字吉田流52-1