パナソニック、長距離通学に適した電動アシスト自転車2種発売

写真拡大

パナソニック サイクルテックは、大容量バッテリーを搭載した電動アシスト自転車のビビバディ、ビビ・ラッテの新モデルを1月15日より発売する。

このほど発売する新モデルは、学生の通学時の長距離走行ニーズに応えるために開発した。

従来より容量を約78%アップした8.9Ahバッテリーを搭載。

走行距離も約58%アップし、約30km(パワーモード時)と長距離走行が可能になった(従来モデルBE-ENDM632、BE-ENDA634との比較)。

LEDのオートライト付きで、暗い道でも安心して使用できる。

また、同社の電動アシスト自転車は、日本PTA全国協議会から推薦商品に認定されている。

誰でも乗ることができる、盗難阻止率が99.9%(※)と極めて盗難が少ない、同社独自の3年間盗難補償制度を設けている点などが評価された。

価格はビビバディは10万9,000円、ビビ・ラッテは10万7,000円。

※数値は、2011年に電動アシスト自転車で盗難に遭わなかった実績。

同社調べ