今年の忘年会の予算は? 平均5,403円と5年ぶりに5,000円超え - キリン調査

写真拡大

キリンホールディングスのキリン食生活文化研究所は、全国の20歳以上の男女を対象に「忘年会と鍋の楽しみ方」に対するインターネット調査を実施した。

調査は11月9日〜11月11日にかけて行い、有効回答数は5,069だった。

まず、今年は忘年会に行きたいですか? と尋ねたところ、「ぜひ行きたい」「できれば行きたい」を合わせると、60.7%が行きたいと回答した。

これは昨年同時期の結果(56.8%)よりも多くなっている。

年代別に見ると、20代が最も高く、67.9%が「行きたい」と回答した。

続いて今年の忘年会の予算について聞くと、1回の希望予算の平均は5,403円。

昨年より621円アップし、2007年以来、5年ぶりに5,000円を超えた。

年代別には60代が6,101円と最も高く、50代(5,340円)、30代(5,277円)と続く。

忘年会をどこで開く予定か聞いたところ、「飲食店」が93.9%と一番高かった。

続いて「自宅や友人の家(27.8%)」となったが、これも昨年(23.8%)より増加しており、特に20代が37.1%と年代別では最も高かった。

若い世代を中心に、自宅で忘年会を行う動きが広がっているようだ。

また、自由回答では、「持ち寄り料理による自宅での忘年会」、「アットホームに家で盛り上がる忘年会」、「家族とゆっくり過ごす忘年会」といった回答が寄せられた。

親しい友人や家族とマイペースに、忘年会を楽しみたい意識がうかがえる。

さらに、「今年、自宅で作ってみたい鍋はなんですか?」と聞くと、1位は「おでん(64.5%)」2位は「寄せ鍋(62.5%)」、3位が「「すきやき(59.3%)」だった。

特に20代には、「キムチ鍋(62.0%)」が人気のようだ。

続いてビールに合うと思う鍋について聞いたところ、「キムチ鍋」が55.6%でトップだった。