愛知県・名古屋駅前に、三菱地所が34階建の「大名古屋ビル」を建設

写真拡大

三菱地所は28日、同社が愛知県名古屋市において進めている「大名古屋ビル・ロイヤルパークイン名古屋建替計画」の建物名称および計画概要を発表した。

同プロジェクトは、大名古屋ビルとロイヤルパークイン名古屋の敷地を一体化し、土地の有効活用をはかることにより、名古屋駅前のランドマークのひとつとして、国際的・広域的な業務拠点を形成するというもの。

同時に、名古屋駅前に潤いをもたらす緑化や歩行者空間の整備、地下空間の環境改善など、地域の課題解決や都市再生の実現を目指すとしている。

建物は地下4階、地上34階建ての高さ180メートル。

地下鉄東山線コンコースと結んだ連絡地下街を設け、地下1階〜地上4階に約4,000坪の商業施設を整備。

7〜33階には約20,000坪のオフィススペースを整備する。

建物名称は、長年地元に親しまれてきた「大名古屋ビル」を継承。

今後、来年5月に新築工事に着手し、2015年10月完工を目指す。