″新入社員がブランド物″が「生意気」は古い!? 「きちんとしている」との高評価もあり

写真拡大

社会人デビューしたばかりの新入社員が高価なブランド品を身にまとっていると、先輩としては良くも悪くも気になるものではないでしょうか? そこで今回「新入社員のブランド物、気になる?」と社会人にこう聞いたところ、約半数が「気にしない」(45.0%)と回答。さらに7.1%が「感心する」と答えるなど、意外と"新入社員とブランド物の組み合わせ"が認められていることがわかりました。

■あなたは、職場で新入社員がブランド物(鞄・靴・手帳・スーツ)を身に付けていたらどう思いますか?
ファッションはその人の自由だから気にしない......45.0%
身なりを気にしている証拠だと思い、感心する......7.1%
あまりにも華美なものは仕事場にはそぐわないと思う......25.8%
新入社員なのにブランド物はちょっと生意気!と感じる......6.6%
1年目なのになんでそんなにお金があるの?と不思議に思う......15.7%

(小数点二位以下四捨五入)

■実際に職場で、新入社員がブランド物を身に着けているのを見たことがありますか?
ある......11.6%
ない......88.4%

■「ある」と答えた人−−どんなものを身に着けていたか、それを見てどう思ったか教えてください
ブランド物が"気にならない派"の意見
「バーバリーのバッグやネクタイを着けていて、要所要所で身だしなみに気を遣っていると思いました」(男性/27歳/社会人3年目/その他)
「カルティエの時計。自分の同期も入社式からカルティエの時計・シャネルのバッグで通勤していたから気にならなかった」(女性/27歳/社会人5年目/生保・損保)
「コーチの鞄を持っている子が多かったです。外勤のある人だと、ある程度きちんとしたものを持っていた方がいいので、いいことだと思います」(女性/24歳/社会人2年目/ホテル・旅行・アミューズメント)
「ヴィトンの財布や鞄はよく見かける。新入社員なら、新社会人として両親などからお祝いでもらっているんだなぁというくらいの気持ち」(女性/25歳/社会人4年目/運輸・倉庫)

ブランド物"反対派"の意見
「お金があることを誇張するのは品がないし、そういう事でしか自分の価値を表わすことができないのかと軽蔑する」(女性/26歳/社会人3年目/金融・証券)
「プラダの最新バッグで通勤し、すごく派手だった。どこにそんなお金があるのだろうと思い、親に買ってもらったんだろうなと思った」(女性/24歳/社会人2年目/生保・損保)
「ヴィトンのバッグを持っていてびっくり。ちょっとバッグだけ浮いてしまっていた気がする」(女性/28歳/社会人7年目/生保・損保)
「シャネルの白縁メガネ。あからさまに社会人として合わなくて、一部で噂になっていた」(女性/28歳/社会人7年目/金融・証券)
「グッチの腕時計。ゴールドだったので、ちょっと華やかすぎるかなと思った」(女性/28歳/社会人6年目/金融・証券)
(女性/26歳/社会人5年目/運輸・倉庫)

回答のなかには、「ブランドものだからといって気にしない。それより明るい茶髪やミニスカートなど、学生気分から抜け出せていない格好だったり、挨拶やマナーが守れなかったりする方が気になる」(女性/26歳/社会人4年目/商社・卸)といった意見も。そういった"浮ついた気分"で仕事に来ているのがバレてしまうと、先輩や同僚たちから不評を買うのかもしれません。

また、新人がブランド物を持つことを「気にしない」と答えた人の多くが、「自分も持っていたから」と回答。"質のいい物は長く使える"といった意味で、ブランド物を愛用する人もいます。"反対派"の意見のように、あまりに華美なものは批判の対象になりやすいですが、上述のアンケートでもあったように、割と多くの人が「職場で新入社員がブランド物を身に付けていても、ファッションはその人の自由だから気にしない」と回答しているので、そこまで臆病になる必要はないのかもしれませんね。

調査期間:2012/10/26〜2012/10/28 /アンケート対象:マイナビニュース会員/有効回答数:マイナビニュース会員400人(ウェブログイン式)
文●平井ライラ (エフスタイル