レンズ越しの光を重ねた幻想的なフォント

写真拡大

レンズロシアのグラフィックデザイナーによる新しいフォント「Lumen Type」の不思議なアルファベット



ロシアのグラフィックデザイナー/イラストレーター、Ruslan Khasanovが生み出した新しいアルファベットフォント「Lumenn Type」。彼はレンズを通した光を重ねることによって文字を映し出し、持ち前のアニメーションの技術を活かした全く新しいフォントを生み出すことに成功したのである。以下の非常に幻想的な映像からご覧頂きたいが、あまり長く観すぎるとクラクラするかもしれないのでご注意あれ!

このようなアヴァンギャルドなフォントの制作は、Khasanovにとって初めての試みだったようだが、他にも「liquid calligraphy」や「microtype」といったユニークなフォントもサイト<Behance>に掲載されており、注目を集めている。「Liquid font」の作り方についてはこちらのページから。