<Fabloid>が厳選した、映画関連のニュースをお届けします!


ミロス・フォアマン監督に生涯功労賞を授与
『カッコーの巣の上で』(1975年)と、『アマデウス』(1984年)の両方でアカデミー監督賞に輝いたミロス・フォアマン監督が、全米監督組合(Directors Guild of America、DGA)から生涯功労賞を授与されることがわかった。2013年2月2日に行なわれる授賞式でフォアマン監督に授与されるという。監督の『カッコー...』と『アマデウス』はまた、DGAでも賞を受賞している。

このほかにも、『ラグタイム』や『ラリー・フリント』、『マン・オン・ザ・ムーン』などでも知られるフォアマン監督。今回の賞にはこれまでにも、スティーヴン・スピルバーグやクリント・イーストウッド、マーティン・スコセッシ、スタンリー・キューブリック、オーソン・ウェルズ、そしてアルフレッド・ヒッチコックらそうそうたる顔ぶれが選ばれている。

『カッコー...』の主演俳優ジャック・ニコルソンの人生とキャリア
次々と明らかになるジョージ・クルーニーの今後
日本でも公開中の新作『アルゴ』(主演:ベン・アフレック)で製作を手がけたジョージ・クルーニー。さらに『オーシャンズ』シリーズではベンの盟友マット・デイモンと共演している。

そして今度は、マット主演の『ボーン』シリーズの監督、ポール・グリーングラスと『アルゴ』の脚本家クリス・テリオとタッグを組み、犯罪スリラー映画を作ることがわかった。<Variety>によると、タイトルを含む同作の内容はほとんどわかっていないが、ジョージは出演するだけでなく製作も務めるという。

現在は、新たな監督作で共同脚本も務めた新作『ザ・モニュメンツ・メン/The Monuments Men』に取りかかっているというジョージ。こちらは第二次世界大戦中にナチスが盗んだ美術品を取り戻そうとする歴史学者や美術館のキュレーターが主人公の作品だ。出演はダニエル・クレイグや『アーティスト』のジャン・デュジャルダン、ビル・マーレイ、ケイト・ブランシェットらの。ジョージはさらに、デイモン・リンデロフとブラッド・バード監督によるSF映画『1952』への出演も取りざたされている。

一方のグリーングラス監督も多忙だ。<Deadline.com>は監督が、マーティン・ルーサー・キングJr.についての映画『メンフィス/Memphis』の製作に入るだろうと報じている。さらにトム・ハンクス主演の海賊ドラマ『キャプテン・フィリップス/Captain Phillips』の仕上げにも忙しいようだ。『キャプテン...』は2013年10月11日の全米公開を予定している。

トム・クルーズと共にエイリアン大作に出演するジョージ