秩父鉄道1007号電車引退記念イベントが12月8日開催、車内では乗車記念証プレゼント

秩父鉄道では、12月8日(土)1007号電車の引退を記念して、臨時のさよなら運転が行われる。運行は熊谷発11:23⇒三峰口着12:43、三峰口発13:38⇒熊谷着15:00。車内では「乗車記念証」が配布される。

【関連:アニメ「あの花」、秩父鉄道とコラボ!「あの花」ヘッドマークがついた7500系も運行!】
 
その他、三峰口駅構内では特製ヘッドマークが掲出された1000系電車4編成が展示される他、鉄道モバイルスタンプラリーekiShとのコラボ企画なども行われる。

特製ヘッドマーク

秩父鉄道1000系電車は、100形・800形を置き換えるため1985年か1989年にJR(旧国鉄)から秩父鉄道が101系電車を購入し使用を開始した車両。

導入当時は、他の車両にあわせた塗装(黄色+茶色帯)だったが、1993年6月から、秩父路の青空と長瀞の急流をイメージしたオリジナル塗装(白地に水・赤・青のストライプ)に順次塗り替えられた。
今回引退する「1007号」は、2009年の「秩父鉄道創立110周年」記念イベントのひとつとして、導入当時の旧1000系色への塗り替えが行われている。

秩父鉄道1007号電車引退を記念して12月8日車内で乗車記念証プレゼント