富士通独自のビッグデータ向けクラウド基盤

写真拡大 (全5枚)

 富士通は、スマートフォンで手軽に肌状態をチェックできるクラウドサービス「肌メモリ」を11月29日より提供開始した。同サービスは、スマートフォンのカメラで撮影した肌画像から、シミ・毛穴・色の状態を測定する機能をクラウドで提供するものだ。

 美容や健康の向上には状態把握が必要で、特に肌状態への関心は高いものの、これまでは日々手軽に肌を測定できる製品やサービスがなかった。「肌メモリ」は、富士通研究所の画像解析技術により、スマートフォンのカメラで撮影した肌画像から、簡単に肌状態を測定できる。

 主に化粧品メーカーや美容・健康関連サービス事業者などに向けて提供し、各事業者は同サービスを活用して、販売促進やコミュニケーションの手段として付加価値を提供することができる。また、日々の肌データを蓄積できるので、肌状態の変化から個人に合わせたアドバイスや商品紹介など、新サービスの提供が可能だ。

 個人の利用者は、これら事業者から提供されるサービスにより、いつでもどこでも肌チェックでき、自分の肌状態に適した商品や必要なケアが把握できるとともに、過去との比較や他者との比較を行うことで美容意識向上につながる。

 導入時の初期設定費用は50万円、月額運用費用は4万円からとなっている。動作環境は、スマートフォン用アプリケーションはAndroid2.2以降(2013年以降、iOSに対応予定)・カメラ400万画素以上、管理者向け機能はMicrosoft Windows XP、Windows 7。