ホンダ、マイナーチェンジした新型「シビック」をLAオートショーにて初披露

写真拡大

本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは、2012年『ロサンゼルスオートショー』(プレスデー : 11月28日〜29日 / 一般公開 : 11月30日〜12月9日)において、マイナーモデルチェンジした新型「シビック」を初披露した。

新型シビックのエクステリアには、よりスポーティーで先進感のある新デザインのアルミホイール、グリル、低重心・大開口ワイドバンパー、テールランプなどを採用。

インテリアは、ソフトな素材や質感の高い装飾を用いて上質さを高めたとのこと。

そのほか、サスペンションなどのチューニングを行い、より軽快なハンドリングやスムーズな乗り心地、静粛性向上を実現したとしている。

また、2モーターのスポーツ・ハイブリッド・インテリジェント・マルチ・モード・ドライブを搭載した新型「アコード プラグインハイブリッド」が、米国環境保護庁(EPA)認定値で市販プラグインハイブリッド車トップの電費を達成したと発表。

同車は、米国カリフォルニア州とニューヨーク州で2013年1月15日より販売される。