三重県の忍者修行の里にある、赤目四十八滝で極上の癒やし体験!

写真拡大

東海エリアのハイキング好きに大人気の「赤目四十八滝」。

しかし他の地方の方々で、名前を聞いてすぐに場所が分かる人は少ないのでは? でも、「伊賀の忍者の里あたり」といえばピンとくる? そう、あの忍者の里・伊賀市のすぐ近く名張市に隣接しているのが、この絶景の滝スポット「赤目四十八滝」だ。

古代には修験道の修行場として、そして中世以後は伊賀の忍者たちが山中深く修行したところとして有名な場所が、「赤目四十八滝」である。

清らかな流れと深い森がつくる深山幽谷で、滝をつなぐ約4kmの回遊路は遊歩道となっている。

桜に新緑、紅葉と、四季折々の鮮やかな風景の中で、滝の美しさを楽しむことができるのだ。

めずらしく仕事がオフの平日昼間、友達を誘って3人でこの地を訪れてみた。

ここにはB級グルメとして有名な伊賀牛の牛汁や、地元の食材をふんだんに使った「滝見弁当」などもある。

ゆたかなローカル食も備えてあるが、到着した時刻は午後3時半……。

食事モードというよりもおやつモードの女3人。

目がくぎ付けになったのは、施設の入り口付近にある「上田屋」の、天然よもぎたっぷりの草餅(100円)である。

これを嫌いな女子なんているのだろうか! 天然のよもぎを摘んで蒸したという草餅は、大きさも手ごろ。

笑顔で頬張りながら、いよいよ滝の待つ敷地内へと入っていく。

滝に近づくにつれて、はっきりと分かるほど空気が澄んでくる。

渓流が岩に当たってしぶきを散らす時、大量のマイナスイオンを発生しているという。

深く呼吸すると、実に気持ちよい。

ふと周囲を見渡すと、中高年のひとり客が滝の近くでぶらぶら散策したり、軽くストレッチ体操したりしている姿が。

彼も筆者たちと同じく、町の騒がしさからちょっと離れて、自然に癒やされにきたのだろうか。

ところで、ここは滝の名前も実に個性的。

赤目四十八滝のうち、比較的大きな5つ滝は「赤目五瀑(あかめごばく)」と呼ばれている。

それぞれの滝は、不動滝(ふどうだき)、干手滝(せんじゅだき)、布曵滝(ぬのびきだき)、荷担滝(にないだき)、琵琶滝と名が付いている。

赤目五瀑以外にも、雨降滝(あめふりだき)や雛段滝(ひなだんだき)、いわくありげな骸骨滝(がいこつだき)、霊蛇滝(れいじゃだき)など、ちょっとオドロオドロしい名前の滝もあるのだ。

滝の名前となっている「赤目」の由来は何か? 古代の有名な修験道の開祖、役の小角(えんのおづぬ)が滝に向かって修行していると、不動明王が赤い目の牛に乗ってここに現れたという伝説から来ているらしい。

滝だけでなく、エリアには由緒ある寺社仏閣や修行の場所も多いので必見だ。

入山口には天台宗の「延寿院(えんじゅいん)」がある。

安置されている霊験あらたかな赤目不動尊は、目黒不動尊、目白不動尊と共に、日本不動三体仏のひとつに数えられているという。

休日に街中のアロママッサージに数千円を払っていくのは、確かに簡単なリフレッシュ法だ。

でも、もし少しでも時間があるなら、ぜひこの「赤目四十八滝」へ出掛けてほしい。

ここは入場料300円だが、まるごと天然のぜいたくなアロマセラピー空間といえるだろう。

「平成の名水百選」「日本の滝100選」「森林浴の森100選」「遊歩100選」と、数々のセレクションにも名を連ねる赤目四十八滝は、滝の全てを楽しんでも往復3時間程度。

その間、目で確認できるだけで滝壷を含めて23瀑もの滝を楽しむことができる。

心身ともにリフレッシュできること、間違いなしである。