ゼロハリバートンのグローバル戦略13年始動 新シリーズ「ZR-Geo」デビュー

写真拡大

 エースが、「ZERO HALLIBURTON(ゼロハリバートン)」のグローバル戦略を2013年からスタートする。ブランドアイコンのダブルリブを使用した製品群を一新し、新デザインシリーズ「ZR-Geo(ゼットアール・ジオ)」の展開を開始。グローバル戦略の皮切りとして2013年春にはブランド生誕の地アメリカに旗艦店のオープンを予定しており、日本をはじめ世界に向けて、更なるブランディング強化とグローバルなポジションの確立を目指すという。

ゼロハリバートンのグローバル戦略始動の画像を拡大

 エースが2006年12月末に買収したゼロハリバートン社は、2013年にブランド創立75周年を迎える。「ZERO HALLIBURTON」の2013年春夏展示会で発表されたグローバル戦略の概要は、「THE NEW ORIGIN」をテーマにブランドの代名詞的存在として人気を得るアルミニウム製品の拡充。アメリカにオープンを予定している旗艦店の他、中長期計画としてアジア各国の主要都市にも新店舗の出店を計画しているという。

 「ZERO HALLIBURTON」は1969年、NASAの依頼によりアポロ11号用「月面採取標本格納器」を製造したというエピソードを持つプレミアムラゲージブランド。展示会では月面で採取された月の石や砂などを連想させる空間に2013年春夏コレクションが展示され、旅を連想させる「地球」や「大地」、「幾何学(Geometric)」といった意味が含まれる「Geo」をネーミングに取り入れた新シリーズ「ZR-Geo」が初公開された。アルミ製のトローリーとアタッシュケースをそろえ、ベンダー加工(折り曲げ加工)を用いた工法で、伝統あるダブルリブに三次元的な変化を持たせたデザインが特徴。2013年3月中旬から順次販売が予定されている。