LOGOSスノーシュー

写真拡大

雪がどっさり積もって雪遊びでもしようというとき、どのような格好で行くかは悩ましい問題だ。深い雪だと足が沈み込んで身動きをとるのが難しい。

そんなときに足にとりつけて雪上での歩行を助ける器具がある。ロゴスコーポレーション(大阪市)が2012年12月中旬から発売する「LOGOSスノーシュー」。「冬もアウトドアを楽しもう!」をテーマとした、「ロゴス」ブランドの製品だ。

子どもから大人まで幅広い年齢で使える

西洋版の「かんじき」ともいえる器具で、スノーシュー専用ブーツや、防水性のある登山靴に装着して使える。靴だけを履くのと比べて地面に接する面積が大きくなるため、雪の上を歩いても沈まない仕組みだ。軽くて強度のあるアルミニウムをフレームに使用しており、雪面歩行時の足への負担を軽減する。雪山を歩くスノートレッキングをするときにも活躍しそうだ。

サイズはMとXSの2サイズあり、子どもから大人まで幅広い年齢で使用できる。専用のキャリーバッグが付属し、背負って持ち運びするのに便利だ。オープン価格。