米どころ新潟県民が選ぶオススメの地酒



米どころ新潟県には非常に多くの酒蔵が存在し、それぞれに何種類ものお酒の銘柄を取り扱っています。では、そんな数多くあるお酒の中で地元の人がオススメする銘柄はどんなものなのでしょうか?

今回は、新潟県在住の地酒通・大島健さんにご協力いただき、地元の方にオススメの銘柄を聞いてみました。





●河忠酒造株式会社 『想天坊 大辛口』

日本酒度が10もある辛口のお酒です。常温でもふわっとしたうまみがあっておいしいのですが、冷やして飲んだ方がすっきりしていてグイグイ飲めます。夕涼みをしながら塩を多めにふったゆでたての枝豆をつまみにグイっと飲むにはうってつけのお酒。散々飲んでいると思うのに飽きのこないお酒です。



●中川酒造株式会社 『越乃白雁 純米吟醸 越淡麗 無濾過生原酒』

越淡麗という酒米を使ったすっきりとした後味と原種ならではのどっしりとした味わいがあるお酒です。また香りが柔らかいので日本酒の香りが苦手な人でも大変飲みやすくなっています。新潟の有名どころのお酒しか飲んだことのない方には特におすすめします。



●柏露酒造株式会社 『純米にごり(Junmai Nigori)』

見た目も飲み方も珍しい変わり種のお酒です。中身はすっきりとした味わいの飲みやすいにごり酒ですが、酒蔵さんはサイダーやリキュールで割って酒カクテルとして飲むことをおすすめしています。こういうお酒を嫌がる人もいるでしょうが、色んな可能性を探すことは大事だと思います。個人的にはピーチネクターで割るのがお気に入りです。



●美の川酒造株式会社 『純米 越の雄町』

新潟の主流である淡麗辛口と少し違った酒蔵さんのぬる燗できゅっといきたくなるお酒です。お米の味が強く感じるお酒なので味が濃くてコッテリとした料理にも全然負けません。心と体を温めたいときに、お鍋を囲んで一杯やるのに最高です。



●越銘醸株式会社 『純米酒 越の鶴 壱醸』

油揚げで有名な栃尾の棚田を守ることを目的として作り始めたお酒です。越淡麗という酒米を使っていて昔ながらの新潟のお酒よりもうまみが強く、口当たりと香りのよいので冷で飲むのがおすすめなお酒です。新潟の淡麗辛口はちょっと苦手だなという人には一度これを飲んでもらいたいです。



今回紹介した銘柄以外にも各酒蔵さんでおいしいお酒はたくさんありますので、ぜひ新潟にお越しの際は、新潟が誇る地酒の数々を堪能してください。



大島さんによると、新潟だけで酒蔵は全部で92蔵あり、それぞれ何種類も銘柄を持ってるそうです。今回紹介したお酒以外にも、米作りと酒造りを手伝った人へ頒布される河忠酒造さんの『和創良酒』や地元の酒屋すみよし屋酒店さん一店舗のために作っている中川酒造さんの『いんごこき』、ほかにも各酒蔵の初しぼりや夏季限定の生酒などおすすめの地酒は数多くあるとのこと。



毎年新潟では『にいがた酒の陣』という新潟のほぼすべての酒蔵さんのお酒を試飲できるイベントがあるので、日本酒好きな人は参加して、いろいろなお酒を味わってみるのもいいですね。



(貫井康徳@dcp)







河忠酒造株式会社

http://www.soutenbou.jp/



中川酒造株式会社

http://www.niigata-sake.or.jp/kuramoto/50_index.html



美の川酒造株式会社

http://www1.ocn.ne.jp/~minogawa/



越銘醸株式会社

http://www1.ocn.ne.jp/~minogawa/



にいがた酒の陣 HP

http://www.niigata-sake.or.jp/index.html



大島健さんが実行委員をしている『全日本丸太早切選手権大会』のHP。賞品に地酒が多数。

http://echigomishima.web.fc2.com/maruta/