首都バセテールの中心・サーカスにあるバークレーメモリアル時計塔。ロンドンのピカデリーサーカスがモデルとか(ご冗談を!)。国いちばんの中心地ではあるけれど、人影はまばら (Photo:©木村昭二)

写真拡大

国家とは領土と国民があって成るもの。われわれ日本人の感覚からすれば、いかに窮すれどそう簡単にあげられるものではありません。しかしながら、世界とは広いもので「カネさえ払えば市民権を交付する」としている国もあります。その国とは、セントクリストファー・ネイビス。かのコロンブスが1493年に発見し、自らの名に由来する「St.Christpher」と名付けたカリブ海の島国です。忙しい御仁はわざわざ同国に赴かなくとも、現地コンサルタント会社を通じて手続きできるということなのですが、はたして実態はどうなっているのか!? 海外投資の第一人者・木村昭二が現地へ飛んだ!

[参考記事]
●世界のセレブが集う国・モナコ公国に住むには? 30万ユーロで移住はできるが知識・教養・家柄もないと大変!?
●世界一の富裕国から破綻国へ大転落、リン鉱石の島・ナウルの未来はどうなうる?
●暑いぜ砂漠、熱いぜエジプト経済!個人投資家は投資不適格の今こそ注目だ
●南海の楽園パプア・ニューギニアの意外すぎる潜在的経済成長力と投資の可能性

基幹産業だった砂糖が儲からず撤退。
観光もパッとせず、残された道は…

 セントクリストファー・ネイビスは、西インド諸島の北部に位置しています。プエルトリコから362キロ、マイアミから1931キロも離れているので、行くのも大変。日本からだと米国へ飛んで、ニューヨークでまず一泊。そこからプエルトリコのサンフアンを経由して、6時間ほどかかりました。

 人口は5万2402人(2010年統計)、セントクリストファー島とネイビス島を合わせた面積262平方キロメートルは、沖縄県西表島と同程度です。長らく英国とフランスが奪い合い、英国の植民地統治下でしたが1983年に独立。

 伝統的に砂糖を柱とした農業国だったのですが、利益が出なくなって、2005年に生産を停止しました。その後は観光に生き残りをかけますが、地理的な限界もあり、どんどん債務が膨らんでいったようです。

 2009年にはついに国家債務がジンバブエ、日本に次ぐ世界3位となり、ますます先が見えなくなりました。そんな中、同国が期待を掛けたのが1984年から30年近くにわたって実施している「投資による市民権付与制度」でした。

 通常、国の市民権を得るには、所得やら滞在期間に条件があり、さらに煩雑な手続きや役人による面接など、実にうるさいあれやこれやをクリアしなければならないものです。

 しかし、同国の市民権を得るのは実に簡単。政府公認の不動産(40万ドル以上)を購入するか、砂糖産業多様化基金(SIDF)に申請者1人なら25万ドル、家族割(配偶者と子ども2人)なら30万ドルを寄付すればOKというものです。

 不動産投資より10万〜15万ドル安いとは言え、まるまる「砂糖なんちゃら基金」(終わった砂糖から他産業への移行を模索するための基金)に寄付するよりは、コンドミニアム購入を選ぶ人が圧倒的に多いとのこと。そりゃ、そうですよね。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)