母国の定番のスープと言えば? 日本在住の外国人に聞いてみた

写真拡大

日本のみそ汁、タイのトムヤムクン、ロシアのボルシチ……。

スープには案外お国柄がはっきり出ていています。

それぞれの国のお母さんが作る、温かい家庭料理のようなものではないでしょうか。

日本に住んできる外国人20人に、母国ならではのスープを聞いてみました。

■ミネストローネ北イタリアの料理です。

私はおばあさんの作る、エンドウ豆をつぶした濃いスープのミネストローネが好きでした(イタリア/男性/30代前半)日本でもすでに定番となっているスープですね。

イタリアの片田舎のお家で、おばあさんが大きなお鍋に入ったスープをコトコト煮込んでいる姿が目に浮かぶようです。

■ベイクドポテトスープポテトスープにクリーム、バター、玉ねぎ、ベーコン、ペッパーを入れる。

おいしいけどヘルシーではない(アメリカ/女性/20代後半)ジャンクフード天国! といえばアメリカ。

普通においしそうな組み合わせですが、確かに脂肪分たっぷり!■モロヘイヤ・スープモロヘイヤの葉を細かく切って、ウサギの肉または鶏肉から取ったスープに混ぜ、ニンニクをバターで炒めたものを混ぜたスープです(エジプト/男性/40代後半)モロヘイヤは栄養価の非常に高い野菜。

アラビア語で「王様の野菜」という意味だそうです。

エジプトの王様が大病を患った時、このスープを飲んだらたちまち治った、という逸話もあるとか。

クレオパトラも美容のために食べていたらしいですよ!■ラグマン日本のうどんに似ています。

ただし、普通のうどんより脂っこいです(ウズベキスタン/男性/20代後半)ラグマンはウズベキスタンを代表する料理で、トマトをベースに羊などの肉、野菜を煮込んだめん入りスープ。

中国からシルクロードを通って伝わったという説があります。

ラーメンの起源かもという説もあるくらいで、もしや、ラグマン→ラグメン→ラーメン!?■エルテンスープ(えんどう豆スープ)えんどう豆で作った濃いポタージュスープ。

薄いグリーンで、ソーセージなどが入っている。

とても身体が温まるので冬の定番(オランダ/男性/30代前半)寒い季節に温かいスープを飲むと、心がほんわかしますよね。

日本の豚汁のようなものでしょうか。

もっとも、このスープはよくよく煮込んでいるので、おかゆのように濃厚だそうです。

あつあつのスープ、ゆっくり時間をかけていただきましょう。

■ヴルテいろいろな野菜を合わせて作る厚みのあるスープはポタージュと呼ばれ、家庭ではよく食べるが、外食では薄いスープ(コンソメ)か、クリーミーなVeloute(ヴルテ)が多い(フランス/女性/20代後半)ヴルテとはフランス語で「ビロードのような」という意味。

なめらかで口当たりのいいイメージですね。

ヴルテをベースとして味付けし、ソースとして使うこともあるそうです。

そういえばフランス料理ではポタージュスープのようなソースを使っていることがあります。

■レンコンスープ食材はレンコン、豚骨、べになつめなど。

軽やかな味がしながら薬膳(やくぜん)の味もしていて若干甘い(シンガポール/男性/20代後半)軽やかで、薬膳が効いていて、甘みもある。

なんて複雑な味! シンガポールは多民族国家ならではの多彩な食文化が楽しめる国。

そして常夏な国のため果物も豊富。

梨・りんごなどのフルーツとポークを使った中華風スープもあるそうです。

カレーにりんごとはちみつが合うぐらいですから、きっとおいしいのでしょう……。

■Puchero(プチェロ)日本のポトフみたいな感じです。

毎週日曜日にBBQ食べる事が多いんですけど、その残りを使って、月曜日にポトフみたいPuchero(プチェロ)っていうスープ? を食べる事が多いです(アルゼンチン/男性/20代後半)日曜日はBBQでがっつり! そして月曜日は残り物を使った、おなかにやさしいスープをいただく。

身体のためにも、食べ物を大切にするためにもとてもいいアイデアですね。

定番スープはどこの国でも日常に根付いています。

日本には様々な国のレストランがあり、気軽に各国の料理をいただくことができますが、その地域の風景や料理の成り立ちなどを思いながら食べると、また違った味わいを楽しめるかもしれません。