通勤・通学しやすい路線ランキング 3位京王井の頭線、2位東武東上線。1位は?

写真拡大

住宅情報を提供するオウチーノが運営する、賃貸サイト「キャリルーノ」は、東京都心を通る路線を「非混雑度」、「通勤・通学時間帯の本数」、「終電時間」という3つの指標で評価し、その総合ポイントで作成した「東京都心へ通勤・通学しやすい路線ランキング」を発表した。

第1位となったのは、中野、高円寺、吉祥寺などのエリアを通り、三鷹や吉祥寺から新宿、御茶ノ水へと伸びる路線「JR中央・総武緩行線(中央本線区間)」。

「終電時間」においては「9.34ポイント」と、全路線の中で最も高いポイントを獲得。

新宿発三鷹行きの最終電車は、午前1時1分の発車と、首都圏の放射路線の中で、最も遅い時間に山手線の駅を発車する電車となっている。

加えて、国交省が発表した2011年の「混雑率データ」によると、「JR中央・総武緩行線(総武本線区間)」の錦糸町-両国間の混雑率が200%を超え、ワースト1位を獲得。

また、「JR中央線快速」も混雑率190%以上で、ワースト10に入った。

それらの路線と直通・並行している同線だが「混雑率」は100%を下回り、「非混雑度」「9.65ポイント」と高得点を獲得している。

なお、第2位は「東武東上線」、第3位は「京王井の頭線」、第4位は「西武新宿線」。

この3路線に共通しているのは「通勤(通学)時間の本数」が多い点で、午前7時から8時59分の2時間の間に、それぞれの路線で約50本の電車が上りの終着駅に到着する。