食品表示に気をつけろ! (5) 「カルシウムたっぷり」や「カロリーオフ」などの強調表記の基準とは?

写真拡大

さて、コンビニなどでよく見る「たっぷり」「オフ」などの強調表示。

今回はそれらについてのお話です。

上記の写真の商品には、「カルシウムたっぷり」と書かれています。

この「たっぷり」という表示に基準はあるか?と言うと、あります。

これは健康増進法(国民保健の向上を図ることを目的とした法律)で定められています。

この法律に基づく栄養表示基準で、量に関する表示の区分は以下です。

1)高い旨の表示(「たっぷり」「豊富」など)2)含む旨の表示(「入り」「添加」など)たんぱく質やビタミンB1など19の栄養素は、その商品に含む量によって、この2つの区分にあった強調表示ができます。

今回の「エースコック ワンタンメン」の場合は、1)に該当します。

その場合のカルシウムの含有量は、100g当たり210mg以上(飲料の場合は100ml当たり105mg以上)、または100kcal当たり70mg以上が要求されます。

パッケージには1食95gあたりでカルシウムが350mgとなっているので、この基準をクリアしています。

ちなみに2)の場合だと、カルシウムの含有量は100g当たり105mg以上(飲料の場合は100ml当たり53mg以上)、または100kcal当たり35mg以上という基準があります。

では逆に少ない場合はどうでしょうか? 上の写真には、「カロリーオフ」と書かれています。

この「少ない」場合についても基準はあり、2つの区分があります。

1)含まない旨の表示(「無」「ゼロ」「ノン」など)2)低い旨の表示(「低」「ひかえめ」「オフ」など)カロリーが100g当たり40kcal未満(飲料の場合100ml当たり20kcal未満)であれば、2)として定義されます。

写真の商品の場合、カロリーが100ml当たり16kcalなので、「カロリーオフ」と表示することができます。

よく見る表示として、「糖類ひかえめ」「塩分ひかえめ」などというものがあるかと思います。

「糖類ひかえめ」に関しては、食品100g当たり糖類は5g未満(飲料については100ml 当たり2.5g)、という基準値が適用されています。

また「塩分ひかえめ」においては、ナトリウム換算(※)で食品100g ・飲料100ml当たり、ともに塩分120mg未満と定められています。

1)の基準については第2回の記事でもお話しましたが、例えば糖質であれば、100ml(飲料の場合)中0.5g未満であれば「ゼロ」と表示できます。

※ナトリウム換算の計算式は、ナトリウム(mg)×2.54÷1000=食塩相当量(g)ただ、これらの定義には抜け道があります。

それは、「原材料として使われた食品の量」と「味覚に関する表現」です。

意味が分かりにくいと思いますので、次の写真をご覧いただきましょう。

左下の写真には、「ビタミンCたっぷり」と同時に「はちみつ入り」と書かれています。

「入り」となっていることからビタミンCだけでなく、はちみつの量にも基準があるように思われるかもしれません。

ですが、「たっぷり」や「入り」について基準があるのは、あくまで19の栄養素についてだけです。

従って、ここではビタミンCについては基準値がありますが、「原材料として使われた食品」であるはちみつについては、絶対量の基準はありません。

右上の写真のように、「甘さひかえめ」と書かれた商品もあります。

これが「味覚に関する表示」の代表的な例で、この場合の「甘さ」について基準はありません。

ですので、この表現は単なる「自社比」という見方ができます。