東京都の水道水、約半数が「飲み水として満足」--ただし30代では満足度3割

写真拡大

東京都水道局はこのほど、「水道事業に対するお客さま満足度調査」の結果を発表した。

同調査は、6月2日〜17日の期間に郵送・回収方式にて行われ、東京都23区・多摩地区統合26市町の2,450家庭、1,160事業所から有効回答を得た。

同調査で、東京の水道水の水質について、「飲み水」としての満足度を尋ねたところ、「満足」と答えた割合は47.7%で、前回(2009年)調査時の46.1%から1.6ポイント増加。

一方、「不満」は20.7%となり、前回の17.9%から2.8ポイント増加した。

男女別に見た場合、「満足」と答えた割合は男性が53.7%、女性が41.4%で、男性の方が12.3ポイント高い。

年齢別に見ると、「満足」の割合は年代が上がるにつれて高くなる傾向にあり、70歳以上では最も高い69.2%となったのに対し、30〜39歳では31.3%と最も低かった。

「安全でおいしい水の安定的な供給に向けた取組等」については、設問13項目の全ての取組で「満足」と「期待する」が60%以上となった。

このうち、「期待する」割合が最も高かったのは「水道水源林の適正な管理できれいな多摩川の水の確保」で79.7%。

以下、「地球温暖化等の気候変動に伴う渇水にも対応できる水源の確保」が79.5%、「利根川水系への、通常の浄水処理に加えてオゾンや生物活性炭を使った処理を行う『高度浄水処理』の着実な導入」が78.7%と続いた。

今後、適切なコストをかけて優先的に実施すべきと思う取組を聞いたところ、「水の安定的な供給のための一層信頼性の高い(事故や震災時にも強い)水道施設の整備」が82.9%でトップ。

次いで、「渇水時にも水を安定的に供給するための水源の確保」が78.4%、「高度浄水処理の導入などによる『安全でおいしい水』の供給」が70.3%となった。

同調査は、利用者の水道水や水道事業に対する満足度を測定するとともに、期待や不安を客観的に把握し、そのニーズに対応した事業経営および質の高いサービスの提供の参考にすることを目的としたもので、3年に1度実施している。