神奈川県湯河原町で、イルミネーションイベント「冬ほたる in 万葉」開催

写真拡大

冬の湯河原温泉で人気のイルミネーションイベント、「冬ほたる in 万葉」が、今年も行われる。

期間は12月15日(土)〜12月24日(月・祝)の10日間で、毎晩18時00分〜21時00分まで万葉公園および足湯施設「独歩の湯」を会場に開催される。

夏には蛍が乱舞する万葉公園(神奈川県湯河原市)。

「冬ほたる in 万葉」では万葉公園や足湯施設「独歩の湯」が無数の飛び交う蛍にみたてられたイルミネーションで飾られるなど、幻想的な空間が作り出される。

今年も足湯に浸かりながら開くさまざまなコンサートやレストハウスでの軽飲食など多彩なイベントが予定されている。

しかも通常昼間営業のみの「独歩の湯」をイベント期間内は夜間も営業するという。

初日の12月15日(土)は18時00分から「点灯式」。

続いて「ハンドベルコンサート」が19時15分と20時15分の2回行われる。

なお、「ハンドベルコンサート」は、24日(月・祝)19時15分、20時15分も予定。

ほかに水谷美月バイオリン演奏もしくはピアノ伴奏」が12月22日(土)と23日(日・祝)の両日ともに19時15分〜、20時15分〜の1日2回披露される。

また、今年は地元湯河原の人気ラーメン店「飯田商店」飯田将太さんプロデュースによる「冬ほたる らぁ麺」も12月17日(月)と18日(火)の19時30分から1日30食限定で販売。

麺は国産小麦100%の自家製麺。

化学調味料無添加で地鶏の旨味を引き出したスープを、生の醤油の香り立つタレでまとめた自慢のらぁ麺だ。

さらに、万葉公園の名前の由来は1200年前の奈良時代から愛されている日本最古の国民歌集『万葉集』にあり、その一首「足柄の土肥の河内に出づる湯」と湯河原温泉を歌った歌にちなんで名付けられた「万葉鍋の無料サービス」(1日150食限定)がふるまわれる予定だ。

なお、会場となる「独歩の湯」の入場料は300円。

宿泊者優待もあるので、宿泊先に確認を。

会場までのアクセスは、JR湯河原駅から奥湯河原行きまたは不動滝行きバスで「落合橋」バス停下車。

マイカーを利用の場合は、東京方面より135号線湯河原温泉入口交差点から箱根方面へ約10分。

駐車場収容能力に限界があるので、公共交通機関の利用がおすすめ。