東京都・浅草で猫だらけのぶらり散歩レポート

写真拡大

東京の観光スポット・浅草。

地下鉄の車内もすでに観光客でいっぱいで、その人気の高さをうかがわせます。

街を歩き始めると人力車が威勢よく駆け抜けて行きました。

招き猫の発祥地で、縁結びのご利益のある今戸神社を中心に、猫いっぱいの浅草の街歩きに出掛けました。

寒さの増した11月。

道行く途中で真っ白な猫に会いました。

辺りを駆けまわってみたりと、活発な猫ちゃんです。

まんまるな手がとても愛らしく、また会いにきたくなりました。

浅草駅から徒歩で10分ほどの距離にある今戸神社。

招き猫の発祥の地であり、新選組沖田総司の最期の地として有名です。

また、縁結びで知られる神社でもあるので、女性やカップルの姿がたくさんありました。

境内でひときわ目立つのが、縁結びの願いをつづった絵馬。

招き猫の描かれた絵馬は一つ700円。

その場で思いを書いて願をかけます。

どうか願いがかないますように!境内には石でできた猫が置いてありました。

「なで猫」と呼ばれるこの猫は、なでた後に写真を撮影し、携帯の待ち受けにして毎日祈ると願いがかなうそうです。

早速ご利益にあずかってみることに。

待ち受け画面でお祈りするのは、とても現代的ですね。

そのほか、縁結びのお守りも人気だそうです。

色とりどりの小さなお守りには、招き猫が2匹描かれていました。

■スポット情報名称:今戸神社場所:東京都台東区今戸1-5-22営業時間:9:00から17:00、無休猫いっぱいの神社参拝を終え、駅に向かって川沿いを歩きます。

この日は日が暮れるのがとても早く、スカイツリーも既に夜の姿に。

道行く人々は、記念撮影に夢中でした。

今日は、一度訪れたかった猫のいるギャラリーカフェに行ってみることにしました。

「ギャラリー・エフ」はギャラリーを併設するカフェで、店内には「銀次親分」という名前の猫(MIX/年齢不明)がたまにいます。

初めて訪れたのですが、運よく会うことができました。

ぐっすりと眠っています。

この日は、銀次親分がカフェにやってきて3周年だそうで。

みんなでお祝いをしました。

毎日店内で焼いているというふわふわのシフォンケーキを食べながら、まったりとカフェタイムを楽しみます。

そうこうしているうちに、銀次親分も起きてくれました。

とても人なつっこくお客さんがなでてあげると上機嫌です。

カフェの奥にあるギャラリーは、江戸時代から続く蔵を改装したもの。

さまざまな展示のほか、12月は音楽月間としてアーティストたちの演奏や、声優である銀河万丈さんの朗読会など、注目のイベントがめじろ押しです。

■店舗情報店名:カフェ/バー/ギャラリー エフ場所:東京都台東区雷門2-19-18営業時間: 11:00から18:30、火曜休浅草の商店街には、招き猫などグッズを扱うお店もいっぱい。

猫がモチーフになっている和雑貨なども多いので、買い物もとても楽しいです。

縁結びの願掛けをしつつ、楽しい猫歩きをどうぞお楽しみください。

<著者プロフィール>一色千里ハンドメイドや動物、街歩きや旅をテーマに撮影と執筆を手がける。

著書に「東京手づくり市マップ」「東京ねこ街案内」(角川グループパブリッシング刊)などがある。

新著「カワイイ動物カフェへようこそ!」が日本工業新聞社より2012年11月2日に発売!猫情報を配信するちまたの猫暮らしを運営するほか、物語で街と人をつなぐ「本のカケラ」など街イベントも積極的に企画。

ホームページ、ツイッターも運営中。