蜷川実花監修のカメラアプリにクリスマスバージョンが登場
フォトグラファー 蜷川実花監修のカメラアプリ『cameran』に、クリスマスシーズンに向けた季節フィルターが登場。2013年1月まで、月2回ずつ新しいフィルターが登場する予定。



『cameran』とは、フォトグラファー・映画監督 蜷川実花が監修したiPhone向けカメラアプリ。
フィルターを選択することで、簡単に“ニナミカ ワールド”を表現できることが支持を受け、アプリ発表から10日で100万ダウンロードを達成した。

アプリのコンセプトは、“蜷川実花の世界観が簡単に出せるフィルター”“女子でも簡単に使いこなせる操作性”“物写真や自分撮りも、静物の写真も、日常の写真がとにかくいい感じになる”。





フィルターは現在、定番の加工が出来る「Lomo」「Toy」の6種類と、蜷川実花の世界観を表現できる「GOKUSAI」「Shower」など17種類。これらのフィルターを使用することにより、撮影した写真が簡単に蜷川実花の世界観へと変化することが出来る。



今回のアップデートでは、「Ornament」などフィルター4種類を追加。アプリのダウンロード特典として、蜷川実花撮り下ろし壁紙が21枚付属されている。
今後はアプリのアップデートを月に2回ほど行う予定としており、1月末までに40種類のフィルターを追加するなど、撮影・編集・共有すべてにおいてユーザーの声をもと機能の充実を図っていく。
また、Android版やアジアの展開なども進めていく。

蜷川実花は、2008年に個展「蜷川実花展」で全国の美術館を巡回し、合計18万人を動員。2010年には、N.Y.から写真集「MIKA NINAGAWA」を出版し、世界各国で話題となった。

【cameran】
ダウンロード(App Store):https://itunes.apple.com/jp/app/id568365176