8割が肌の乾燥を自覚、トップは「口元」

写真拡大

顔のたるみ研究所がまとめた乾燥に関する調査結果によると、8割の人が日中に肌の乾燥を感じていることが分かった。一方、肌の乾燥を全く感じない人はわずか2%にとどまった。

顔の中で乾燥をする場所は、「口元」が169票で最多。次いで、「目元」が153票、「頬」が140票だった。

乾燥を感じる時間帯は「15時〜18時」が171票を集め、18時までに約8割の人が乾燥を感じているという結果となった。

また、朝に行なっているスキンケアを尋ねたところ、「化粧水」が334票、「クリーム」が162票、「美容液」が159票と続き、基本のスキンケアを行っている人が多いことが分かった。

調査は、10代〜70代のドクターシーラボ会員427名を対象に実施した。