JILLSTUARTから新ドレスラインがデビュー

写真拡大

 「JILLSTUART(ジル スチュアート)」が、2013年春夏から新ライン「ジル スチュアート ホワイトライン」をスタートする。「JILLSTUART」のフェミニンでスイートなテイストに、セクシーさを"ひとさじ"加えたドレススタイルを提案。デビューコレクションは約20型を揃え、2013年3月に販売をスタートする予定だ。

JILLSTUARTからドレスの新ラインの画像を拡大

 「JILLSTUART」は、デザイナーJill Stuartによるウェディングドレスのコレクションを2008年秋にスタート。デビュー以来デザイナーがこだわり続けるテーマ「Pretty Girl」を落とし込んだウェディングドレスは、「一生に一度の晴れの日に」とブランドのファンをはじめ多くの花嫁に選ばれている。

 ウェディングドレスの人気を受けスタートする「ジル スチュアート ホワイトライン」は、「ピュアな」「凛とした」「スマートな」という女性像を掲げて11月29日に開かれた2013春夏展示会で初披露された。デビューコレクションはリバイバルのドレスといった復刻アイテムにフィーチャーし、4月にはドレスアップスタイルを演出するパンツも新アイテムとして登場する予定。素材にはレースやオーガンジー、シルクシフォンなどが贅沢に使用され、クチュール感のあるコーディネートを展開する。価格帯は「JILLSTUART」の約1.2〜1.5倍という3〜6万円。「JILLSTUART」の広報担当者は、「JILLSTUARTと言えばドレスというほど、お客様からの需要が高まっている。新ラインを通じてより幅広いアイテムを揃えることで、シーンに合わせたドレススタイルを楽しんで頂きたい」とコメント。取り扱い店舗は、「JILL STUART 渋谷本店」や「JILL STUART 神戸店」などを計画しているという。