日産、「セレナ」の特別仕様車「ハイウェイスター エアロモード」を発売

写真拡大

日産自動車は29日、ミニバン「セレナ」の特別仕様車「ハイウェイスター エアロモード」を発売した。

ベース車は3タイプあり、価格はハイウェイスター S-HYBRID(2WD)ベースが269万8,500円、ハイウェイスターG S-HYBRID(2WD)ベースが289万9,050円、ハイウェイスター(4WD)ベースが293万2,650円。

今回発売した特別仕様車は、スタイリッシュで魅力的な装備を採用しながら、手頃な価格設定を行ったモデル。

人気の高いキセノンヘッドランプやフロントプロテクターを標準装備とし、専用装備としてダーククロムグリルとパワーウインドウスイッチフィニッシャー(グロスブラック)を採用している。

また、ベース車と同様に「平成27年度燃費基準+20%」の達成と「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」認定によって「エコカー減税」による減税措置に適合し、2WD車は自動車取得税と自動車重量税が免税、4WD車は75%減税となる。

エンジンは、2.0LのMR20DD(DOHC筒内直接燃料噴射直列4気筒)、ハイブリッド車のモーターは1.8(2.4)kW(PS)のSM23を搭載し、トランスミッションはエクストロニックCVTを採用。

乗車定員は8名。