ホンダ、特別カラーの原付二種スクーター「PCX Special Edition」を発表

写真拡大

本田技研工業は29日、125ccの原付二種スクーター「PCX」に特別なカラーリングを施した「PCX Special Edition」を設定し、合計4,000台の台数限定で12月14日に発売すると発表した。

価格は30万6,600円。

PCXは、アイドリングストップ・システムや14インチの大径ホイール、同社独自のコンビブレーキなどが搭載された原付二種スクーター。

今回発表されたPCX Special Editionの車体カラーは、「パールヒマラヤズホワイト」と「マットガンパウダーブラックメタリック」の2色が設定されている。

パールヒマラヤズホワイトは、ホンダ伝統のトリコロールのストライプをあしらうとともに、フロントグリルにはレッド、サイドカバーにはシルバーメタリックを採用。

スポーティーかつドレッシーなイメージにしたとのこと。

マットガンパウダーブラックメタリックは、つやを抑えたゴールドのストライプをあしらうとともに、フロントグリル、サイドカバー、リアサスペンションスプリングのカラーにつやのあるブラックを採用。

フロントサスペンションのボトムケースのカラーにはつやを抑えたブラックを配色し、シックなたたずまいの中にも力強いイメージを持たせたという。

また、両車体色ともにゴールドカラーのホイールを採用し、プレミアム感が演出されている。