ホンダ、LAオートショーにてアキュラ新型「RLX」の量産モデルを発表

写真拡大

本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは、2012年『ロサンゼルスオートショー』(プレスデー : 11月28日〜29日 / 一般公開 : 11月30日〜12月9日)において、アキュラ新型「RLX」の量産モデルを発表した。

販売は、2013年春より全米で行われる予定。

同車は、多くの先進技術を採用することで高い操作性能と快適性を追求したラグジュアリーフラッグシップセダン。

新開発の3.5L直噴SOHC i-VTEC V型6気筒エンジンの搭載によって高出力と低燃費を両立し、状況に応じて使用気筒数を6気筒と3気筒に切り替える可変シリンダーシステム(VCM)も導入。

また、高い旋回性と安定性を両立した世界初というPrecision All-Wheel Steer(プレシジョン・オール・ホイール・ステア)、高い視認性や広い照射範囲を併せ持つジュエルアイLEDヘッドライト、低速追従機能付きアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)、レーンキープアシストシステム(LKAS)などが採用されている。

インテリアには、上質でやわらかな素材や木目を各部に用いて、スマートで洗練された空間を表現したとのこと。

8インチのナビスクリーンと、空調やオーディオなどを一画面で直感的に操作できる7インチのタッチパネルスクリーンも採用。

なお、2013年後半には、SPORT HYBRID SH-AWD(スポーツ・ハイブリッド・スーパー・ハンドリング・オール・ホイール・ドライブ)搭載モデルの発売も予定されている。