整形だけじゃないけど...昔と様変わりしたセレブ達 (写真:Rex Features/アフロ)

写真拡大

成長すれば、誰だって何かしら変わるもの。


体格や性格だけでなく、顔もまたしかり。セレブの場合は特に"美容整形"や"(医学的見地からの)鼻のお直し"もあるし、体重の増減や単なる加齢もあるのですが、中でもかなりの変化を遂げたセレブを集めてみました(注:コメントはあくまでも<Fabloid>の独断と偏見によるものです)!



アシュリー・シンプソン

ある意味トレードマークだったワシ鼻を整形したといわれるアシュリー。今のスッと通った鼻筋もきれいだが、"いわゆるきれいなお姉さん(=没個性的)"になってしまった感も否めない。

ブレイク・ライヴリー

今やハリウッドを代表する若手女優に成長したブレイク。きれいになったのは、これまでの恋愛とライアン・レイノルズとの結婚のおかげだと思いたい。

クリスチャン・ベール

徹底した役作りで知られるクリスチャン。映画『マシニスト』で不眠症の男性を演じるべく、63ポンド(約29キロ)の減量を実践。体つきだけでなく面影もすっかり変わってしまった。今では酸いも甘いもかみ分けたような大人の顔に。

クリスティーナ・アギレラ

外見だけ見て言うと、イケイケの「姉」ちゃんから今は「姐」さんになったクリスティーナ。今後も外見があれこれ話題になることでしょう。

ハイディ・モンタグ

自ら「2009年に1日で10もの美容整形手術を受けた」と告白しているハイディ。整形せずとも美人だったのだが...。整形後は美しくはなったものの、若々しさがすっかり失われてしまった気がします。

キム・カーダシアン

昔からエキゾチックな美人で知られていたキム。今はメイクでかなりセクシーになりましたが、すっぴんでも相変わらずきれいです。

リンジー・ローハン

赤毛にそばかすと、昔はキュートな天才子役だったリンジー。すっかり大人の女性になりましたが(以下自主規制)。

メアリー=ケイト&アシュレイ・オルセン

ドラマ『フルハウス』でタナー家の愛らしい末娘ミシェルを演じていたメアリー=ケイトとアシュレイ。写真のせいかもしれませんが、今では「カワイイ」よりも「コワイ」という形容詞が頭に浮かびます。
マシュー・マコノヒー

ハリウッドの"俺ってイイ男でしょ?"代表、マシュー。おっしゃる通りではありますが、現在撮影中の新作映画『ザ・ダラス・バイヤーズ・クラブ/The Dallas Buyer's Club』の役作りのため、前出のクリスチャン・ベール並みの大減量を敢行。かなり別人になっています。

ミーガン・フォックス

ハリウッドのセクシー女優の1人、ミーガン。昔の親しみやすいルックスはいずこへ...。

スカーレット・ヨハンソン

こちらも昔からかわいらしかったスカーレット(幼いながらも賢さすら感じられるオーディション映像もあります)。着実にキャリアを築き、私生活では離婚を経験した彼女の顔には、いろんなことを乗り越えてきた感じが刻まれています。

スヌーキー

MTVのリアリティー番組『Jersey Shore 〜マカロニ野郎のニュージャージー・ライフ〜』の超個性的なキャラ、スヌーキー。メイクも変わりましたが、一番気になるのは真っ白すぎる&きれいな歯でしょう。減量したのか、顔の輪郭もシャープになっています。
美容整形をしたセレブたち