”ひとり飯”が似合う女性ピン芸人1位はあの人! - 2位椿鬼奴、3位柳原可奈子

写真拡大

特定非営利活動法人 食の未来研究所はこのほど、「日常の食事に関するアンケート調査」の調査結果を発表した。

同調査は、東京都渋谷区で開催された第6回東京都食育フェアにて10月6日〜7日の2日間に行われ、一般男女197名から回答を得た。

「普段の食事で、食べ残しをすることがあるか」と聞いたところ、「あまりない」「全くない」と回答した人が77.6%となった。

「食べ残しをした時、どのような気持ちになるか」を聞いたところ、「もったいない」と感じる方が56.8%と半数以上を占めた。

男女別に見ると、女性は「もったいない」、男性は「食べ切れないので仕方ない」という回答がそれぞれ一番多く、特に70代では「食べきれない」が大きく増えていた。

「普段の食事にかける時間」を聞いたところ、約4割の人が朝食を10分で済ませていた。

昼食は30分(32.0%)、夕食も30分(32.0%)かける人がそれぞれ多い結果だった。

年齢別に見ると、10代の約半数は夕食を20分で済ませ、他の年代より早食いしていることがわかった。

「1週間のうちどれくらい外食をするか」との問いには、「1〜2回」が56.3%ともっとも多く、次いで「0回」の17.3%、「3〜4回」の16.2%となった。

「女性お笑いピン芸人の中でひとり飯が似合うのは誰か」との問いには、「いとうあさこ」が23.9%で1位となった。

以下「椿鬼奴」(17.3%)、「柳原可奈子」(13.2%)と続いた。