徳島のうまいもの




徳島と言えば旧名「阿波の国」です。阿波踊りがすぐ思い浮かぶかもしれませんが、踊りは食べられません(笑)。徳島には美味しい物がたくさんあるんです。徳島に来たらぜひ食べてください!



■これが本当の「ちくわ」だ!



小松島の「焼きちくわ」。これはうまいですよ(笑)。みなさんちくわというと中心部分が中空になってるものを思い浮かべるのではないでしょうか。ちくわは、もともと、竹の周りに練り物をぐるっと付けて作ります。文字通り「竹輪」なのです。この芯になる竹を抜くとスーパーで売っているちくわになるのですが、小松島名産の焼きちくわは竹が入ったままです。竹を手に持って、(焼き鳥を食べる要領で)がぶっといきます。竹の良い香りと相まって、野趣あふれるちくわの味が口に広がります。ビールのおつまみに最適ですよ!



■のど越しさわやか、うますぎる「そうめん」



「そうめん」というと奈良県の「三輪そうめん」、あるいは小豆島の「手延べそうめん」を挙げる人が多いかもしれません。しかし! 徳島にも美味しいそうめんがあるのです。「半田そうめん」です。天保時代に吉野川の船頭が作り始めたのが起源と言われています。吉野川のキレイな水、上質な小麦粉によって作られた半田そうめんは、ツルツルとのど越しが素晴らしく、とても美味しいのです! これまた徳島名産の「干し海老」で出汁を取ると、そうめんの汁は最高のものになり、そうめんとの相性は抜群です。



■和三盆 この上品な甘さ!



「わさんぼん」と読みます。あの『美味しんぼ』にも紹介された絶品の「砂糖」です。竹糖(ちくとう)というサトウキビの在来種を原料に昔ながらのやり方で製糖して作ります。やや黄色がかった白色をしているのが特徴で、落雁(らくがん)などの和菓子のように小さな角型に固められます。その甘みはあくまでさらっと上品で、全くくどさがありません。素朴な甘さながらも奥の深い味わいで、初めて食べた人はきっと驚くことでしょう。和三盆は高級和菓子の材料としても使われています。



■徳島ラーメン コッテリなのにアッサリ目



徳島ラーメンを知っていますか? 豚骨ベースながらしょうゆで味付けしたスープが特徴です。徳島ではラーメンというより伝統的に「中華そば」と呼んでいます。『阿波一』というお店が徳島市、福島小学校にすぐ横にありました。老舗中の老舗で、まさしく徳島の中華そばを味あわせてくれる名店でした。残念なことに2008年に閉店。祖父母の実家が徳島の筆者などは、「もう二度と阿波一のそばが食べられない」ことが悔しくてなりません。今では、徳島のそばを全国に知らしめた『いのたに』などが有名です。筆者は、今はなき阿波一を思い起こさせてくれる『かわい』も薦めておきます。



言わずもがなですが、徳島は四国の東端。海の幸は非常に豊富です。お酒もうまい所です。紹介した以外にも美味しい物はたくさんあります! 徳島に来たらぜひ美味しいものを目いっぱい食べてください。







(高橋モータース@dcp)