ランチパックから「おけさ柿ジャム&ホイップ」が新登場

写真拡大

食に関する情報のポータルサイトを運営するぐるなびは、新潟県佐渡市の生産者や地元の有志の協力を得て、佐渡の「おけさ柿」を使用した菓子パンの商品化に着手。

食パンなどの製造販売を行う山崎製パンとの共同企画で、「ランチパックおけさ柿ジャム&ホイップ」を12月1日より期間限定で販売する。

販売場所は、新潟県全域および山形県一部エリアのスーパー、コンビニエンスストア、山崎製パンの取扱店など。

価格はオープン。

同商品には、JAブランド「おけさ柿」のジャムが使用されている。

「佐渡を代表する食文化の柿をもっと生かしたい」という21名の柿農家を中心とする地元住民の思いが詰まっているという。

また、商品パッケージには「トキの森クレジット」のロゴを使用。

商品の販売1個につき1円が、「トキの森クレジット」の購入を通じて「トキの森」である佐渡の森林整備に使用されるとのこと。