「プロ経営者」が社員へ送った手紙を元にした本が刊行-中経出版

写真拡大

書籍出版、電子媒体出版、受注出版を手掛ける中経出版は、著者の岩田松雄氏が、社員一人ひとりへ送った手紙「マネジメントレター」を元にした単行本「スターバックスCEOだった私が社員に贈り続けた31の言葉」を刊行した。

価格は1,365円。

著者は、コーヒーチェーン店「スターバックス」と化粧品メーカー「ザ・ボディショップ」のCEOだった6年間、それぞれの「ミッション(役割)」を意識してほしいという思いから、毎週月曜日に社員一人ひとりへ「マネジメントレター」を送っていた。

同書は、その「何のために仕事をするのか」を問いかけている手紙の内容をもとに、これまでの経験をまとめているという。

各項目は、著者が今でも交流のある「スターバックス」の現役社員、ディストリクト(地区)マネージャーを務めている”ハタ君”へ向けたメッセージという形をとっている。

実在している人物の現状や悩みをリアルに想像した、より具体的なアドバイスになっており、部下・後輩を育てる立場にある「若いリーダー」や、キャリアに迷っている人、自分を高めたい人などに読んでもらいたい内容とのこと。