東京都新宿のビックロで「フランケンウィニー展」。初日にT・バートン来場

写真拡大

ユニクロは12月4日から、ビックロユニクロ新宿東店1階にて、ティム・バートン監督のディズニー3D映画の世界を紹介する「フランケンウィニー アート展」を開催する。

アート展初日には、ティム・バートン監督が来場する。

「フランケンウィニー アート展」は、スペイン・アメリカ・メキシコ・カナダ・イギリス・フランスでの開催を経て、このほど日本に初上陸する。

映画製作の過程を紹介し、ティム・バートン監督によって描かれたオリジナルスケッチや線画、落書き、映画で使用した小道具・セットなどを見ることができるという。

会場は、家電と洋服を取り扱う新宿のビックロ。

同展の世界とも融合させるため、店内の装飾はアクセサリーブランド「Q-pot.(キューポット)」のデザイナー、ワカマツ タダアキ氏が監修する。

同氏によってプロデュースされた店内も、見どころのひとつだ。

アート展初日の12月4日には、ティム・バートンが来場する予定。

同映画プロデューサーのアリソン・アバッテ氏も招き、同会場での開催を祝してテープカットのオープニングセレモニーを実施する。

アート展は12月4日〜23日の10時〜22時に開催。

入場無料。

また、同映画の公開を記念し、ティム・バートン監督が描き下ろしたデザインを含む、ユニクロ限定販売グラフィックTシャツも販売。

ウィメンズ商品としては、Q-pot.のワカマツ タダアキ氏がデザインした、フランケン ウィニーTシャツとパーカを販売する。

さらにティム・バートン監督の描きおろしイラストがデザインされたマグカップ、ポストカード、缶バッジなど38種のオリジナルグッズも販売する。

缶バッジは365円、ストレートマグ1,050円。