ジェルクリーム プレミアム

写真拡大

寒い冬を迎え、空気が乾燥する季節になってきた。特に女性にとっては肌の乾燥も気になるところ。ドクタープログラム(東京・新宿区)から発売中の、トリニティーラインの基礎化粧品「ジェルクリーム プレミアム」は水を1滴も加えず、ほとんどがセラミドなどの美容成分でできているのが特徴だ。同社の従来のジェルと比較すると美容成分が8%から95%にアップした。

「水分を逃がさない」セラミド

保湿するには水が必要だと考える人は多い。同社が2012年10月に1万2897人に実施したアンケートでは、「保湿に必要なのは『水』だと思うか?」の問いに対して、回答者の77%が「そう思う」との回答を寄せていた。

だが、保湿をする際に重要なのは、水で肌を濡らすことではなく「水分を逃がさずに蓄えること」が重要だという。同社の「保湿能評価試験報告書」によると、水を肌に塗ると時間経過とともにもとの肌状態より乾燥してしまうという検証結果も出ている。

むしろ必要となるのは、保湿成分のセラミド。セラミドには水分を取り込んで逃がさない性質があり、角質細胞の間で水分と結合して保湿効果があるのだ。セラミドを含んでいる「ジェルクリーム プレミアム」は、化粧水、美容液、乳液、クリーム、下地の5つの役割をカバーすることができる。価格は、20gお試しセット/1050円、50g/3990円、120g/8190円。発売日は2011年9月。