ポリ袋でつくるシャーベットが超簡単! しかも洗い物ゼロ!!

写真拡大

調理にポリ袋を使用するのは珍しくない。

唐揚げの下味をつけるときに使ったり、片栗粉をまぶしつけるときに使ったりと、後は捨てるだけなので洗い物が減って便利である。

ではこのポリ袋をもっと活用してみては……ということで、今回はポリ袋でシャーベットをつくってみた。

洗い物はゼロ! 簡単ラクチンのシャーベットレシピをご紹介しよう。

材料はたったの3つ。

オレンジジュースとヨーグルトでさっぱりとした酸味のある味わいに仕上がる。

ぜひ試してみて!材料(4人分)プレーンヨーグルト 1/2パック(225g) / 蜂蜜 大さじ5 / オレンジジュース 100ccつくり方ポリ袋にプレーンヨーグルトと蜂蜜を入れ、混ぜ合わせる。

ここにオレンジジュースを注ぎ、袋の口をしっかりと握りながらシェイクする。

全体が混ざったら袋の中の空気を抜き、液体が漏れないようにしっかりと口を結ぶ。

1を冷凍庫に入れる。

平らな場所に置き、できる限り薄い板状になるようにする。

全体が凍ったらいったん冷凍庫から出し、袋を破らないように注意しながら全体を崩しつつ混ぜ合わせる。

再び冷凍庫に入れ、この作業を3回ほど繰り返す。

かたくて崩せなくなった場合はしばらく室温で置いておき、やわらかくなってから作業する。

器に盛って完成。

ポリ袋は、パッケージの表示を見て冷凍に耐えられるか確認してから使用しよう。

また、やや厚めのポリ袋を使用すると破れにくいので安心だ。

心配な場合は2重にして調理しよう。