向後の7日株!:スマホ普及で伸び代大!業容拡大を進める電子書籍関連株(362X)
7日以内に株価が沸騰しそうな株を毎日1銘柄ズバリ! 業績サプライズ系、株価出遅れ系、さらに思惑系も…さあ、チェック!!

ネオス (3627)が今日の注目銘柄!

本格的にスマートフォン時代が到来する中、電子書籍閲覧ソフトウエアの開発などを展開する同社に注目します。

ソリューション事業では、NTTドコモの「dマーケット」では、映画やドラマなどが定額で見放題の『VIDEOストア』や幅広いジャンルの100万曲を提供する『MUSICストア』、人気書籍など4万タイトルを配信する『BOOKストア』等を提供しています。また、KDDIの「auスマートパス」では、定額での『アプリ取り放題』やスマートフォンで撮った写真・動画をオンラインストレージに保存し、閲覧できる「Photo Album」サービスなど、積極的な展開を図っています。

28日には、同社が開発した電子書店構築システム『電子書店構築CMS』の販売に関する契約を締結し、モバイルブック・ジェーピーを通じて、コンテンツプロバイダーへの提供を開始したことを発表しました。
これは、ブラウザを用いた簡単な操作で、スマートフォン向けの電子書店を構築できるASPサービスです。今後、モバイルブック・ジェーピーはコンテンツプロバイダーに向けて、自社が取り扱う豊富な電子書籍コンテンツとネオスが供給する『電子書店構築CMS』を、コンテンツ一体型のワンストップサービスとして販売します。

このように、電子書籍市場のさらなる拡大に向け、事業の拡大を推進している点は注目ポイントです。

13年2月期通期連結業績は、売上高は66.5億円(前年同期比、10.1%増)、営業利益は6億円(同、11.8%増)、経常利益は6億円(同、12.3%増)の見込みです。

株価を日足チャートでみると、25日移動平均ベースのボリンジャーバンドの+1σ(同、65092円)と、+2σ(同、70457円)の間をバンドウォークしながら堅調に推移しています。
週足チャートでは、13週移動平均線(28日現在、53234円)と26週移動平均線(同、51913円)がゴールデンクロスしています。また、週足ベースの一目均衡表では、転換線(同、58450円)と基準線(同、58200円)が好転し、遅行スパンも好転しています。これで、2役好転です。
28日終値67200円は、雲上限(同、75100円)を目指しており、早晩、三役好転を達成するとみています。足元では、すでに中期上昇トレンドが発生している可能性が高いとみていますが、三役好転を果たせば、さらに明確にトレンドが現れるとみています。

向後はるみ(HARUMI KOUGO )
黒岩アセットマネジメント

金融・経済を日々研究し、タイムリーな銘柄情報に定評がある。投信、先物、FXなど金融商品の仕組みにも詳しい。テクニカルアナリスト、ファイナンシャルプランナー。