富士通が提供する犬のためのクラウドサービス、哀川翔の愛犬が試用!

写真拡大

通信システムサービスの提供や電子デバイスの製造・販売を行う富士通は、27日、愛犬歩数計「わんダント」を活用したクラウドサービスの提供を開始したことを発表した。

「わんダント」とは、愛犬の歩いた歩数や温度、体を震わせる「ぶるぶる動作」の回数などを計る計測器。

大きさは幅46mm×高さ28.4mm×厚み12.5mmと手のひらサイズで、重さは約16gとのこと。

同製品を愛犬の首などに装着し、歩数などの数値を自動で計測することができるという。

非接触ICカード技術であるFeliCaを搭載しているため、製品をパソコンやスマートフォンに近づけるだけで、計測したデータをクラウド上にアップロードすることが可能。

ただし、食事の量や排せつ物の状態などは、手動で入力する必要があるとのこと。

アップロードしたデータはクラウドで一元管理されるため、愛犬のデータを永久保存することができ、また、動物病院で獣医師と情報を共有することなどができるという。

イベントには、愛犬家として有名なタレントの哀川翔氏が出席し、愛犬のGOCO(ごこ)ちゃんが実際に「わんダント」を使用した結果が発表された。

この日の歩数は10,532歩。

食事は朝8時と夜19時の2回で、排泄した時間は7時と17時。

環境温度はほぼ快適な温度に保たれており、数時間置きに体を震わせる「ぶるぶる動作」が見られた。

イベントに出席した成城こばやし動物病院 院長の小林元郎氏は、「わんダント」を使用して得たGOCOちゃんのデータを分析した。

「データを見てみると、GOCOちゃんは毎日十分な散歩をしてもらっています。

体形もすっきりしていて、肥満の傾向はまったくなく、とても健康的です。

しかし、犬は毎日同じ時間の散歩を好みますが、データを見ると毎日の散歩の時間が多少異なっているため、今回の判定は星2つ半としました」(小林氏)判定を受けて哀川氏は、「GOCOに元気に長生きしてもらうためにも、今後も『わんダント』を使い続けていこうと思います」と語った。

なお、同製品の価格はオープン。

販売価格には1年分のクラウドサービス利用料が含まれており、2年目以降は月額420円が必要とのこと。