東京都・池袋サンシャインシティーで鉱物の祭典「東京ミネラルショー」開催

写真拡大

東京ミネラルショー事務局は12月7日〜10日の4日間、東京都・池袋サンシャインシティーにて、「第21回 東京ミネラルショー 地球の芸術たち〜見て、触って、学んで、買って〜」を開催する。

同イベントは、国内外300店舗以上が出店する日本最大級の鉱物・化石・隕石・宝石・天然石オリジナルアクセサリーの展示即売会。

21回目を迎える今年は、特別企画として福島県石川地方の貴重な鉱物標本を150点展示する。

特に日本最大のアクアマリーンの結晶は見どころとなる。

来場者向けイベントとして、ボール状に結晶した鉱物の原石を目の前で二つ割りにするアトラクション「水晶ジオード クラッキングコーナー 割れば中からお宝出現!」(有料・原石1つあたり1,800円〜、人数制限あり)や、恒例となっている鉱物の特別講座、総額150万円相当の景品が当たる「大福引大会!」、「オリジナル鉱物カレンダー」の販売など、さまざまな企画が用意されている。

また特別展示として、翼を広げた大きさが5m以上になる史上最大の鳥類「ペラゴルニス・チレンシス」の化石を復元した全身骨格(複製レプリカ)を日本初公開する。

開催日時は、12月7日〜10日10時〜18時30分(最終日は16時)。

会場は、東京都・池袋サンシャインシティー文化会館2階(Dホール)・3階(Cホール)。

入場料(4日間通し)は、公式ガイドブック付で一般800円、学生500円。

中学生以下は無料となる。