JAL、空飛ぶチキン「AIR ケンタッキーフライドチキン」発表

写真拡大

日本航空(JAL)と日本ケンタッキー・フライド・チキンは28日、国際線の新しい機内食メニュー「AIR ケンタッキーフライドチキン」を発表した。

機内食「AIRシリーズ」の7番目のメニューとなる。

機内の調理環境でも地上と変わらないおいしさを実現したという。

日本発欧米路線の一部で、プレミアムエコノミークラスとエコノミークラスの目的地到着前に提供する。

メニューはオリジナルチキン2ピース、コールスロー、レタス、オリジナルフラットブレッド、マヨネーズ風味のオリジナルソースのセット。

オリジナルチキンは機内専用にカットされた手羽元(30g)と、店頭では単品販売されないサンド用のフィレ(100g)。

手羽元は機内で手軽に食べられるようにカットされており、フィレはレタスと一緒にパンにはさんで食べられるよう骨なしの1枚肉を使っている。

チキンはどちらもケンタッキーフライドチキンが店頭で使用する国産ハーブ鶏で、秘伝の「11ハーブ&スパイス」で調理されるなどオリジナルレシピそのまま。

機内向けとしての調整はしていないとのこと。

店頭での揚げたての食感を再現すべく、チキンのサイズ、カット、事前調理、機内オーブンの出力や温め時間、包装にいたるまで研究を重ね、開発に1年をかけた。

また、実際のフライトで日本のKFC関係者や米国KFC本部スタッフを招いた試食を数回実施したという。

「当初は油が回りすぎて失敗するなど苦心した。

KFCさんの協力で工夫と研究を重ねて完成に至った自信作」(開発グループ長田中氏)。

機内食限定の「フラットブレッド」はKFCが開発した。

店頭のサンド用バンズとは異なり、全粒粉を多めに使って風味を強め、しっとりとした食感にしたという。

手のひらより長いサイズはサンドを作りやすく、はさんだ後で具材をこぼしにくい形状とした。

フィレ、レタスを載せ、オリジナルソースをかけてはさむとぴったりのサイズ。

完成したサンドはボリュームたっぷりだ。

「AIR ケンタッキーフライドチキン」の提供路線は成田発、ニューヨーク・ボストン・シカゴ・ロサンゼルス・サンディエゴ・ロンドン・パリ・フランクフルトで、提供期間は2012年12月1日(サンディエゴ線は12月2日)〜2013年2月28日の3か月。

10万食を用意するとのこと。

提供クラスはプレミアムエコノミーとエコノミーのみ。

機内調理施設の使用時間の関係から、ファーストクラス・エグゼクティブクラスの「Anytime You Wish」では提供されない。