バリ島ウェディング、気になる費用、参列者数などの平均は?

写真拡大

インドネシア・バリ島でのウェディングに特化した情報サイト「バリ婚ナビ」は、バリでの挙式・ハネムーン経験者に関するアンケートを実施し結果を発表した。

9月19日より約1カ月間「WE LOVE BALIキャンペーン」と題したアンケートキャンペーンを実施し、有効回答数271人の回答を集めた。

調査でまず「バリでの挙式に総額いくらかかりましたか?」と質問したところ、「100−125万」という回答が最も多く27%を占めた。

2位以下は「125−150万」(17%)「150−175万」(17%)「175−200万」(13%)と続き、平均金額は、146万円という結果になった。

続いてバリでの挙式にかかった金額(平均146万円)の内訳について質問したところ、1位は旅費で約60万円、2位は挙式費用で約50万円、3位はドレス代で約25万円だった。

同社によると旅費を除いた費用は、約86万円となりこれ自体は国内での挙式平均金額131万円(「ゼクシィ結婚トレント調査首都圏2011」リクルート社調べ)と比べるとリーズナブルだという。

バリでの結婚式は平均3〜10人での参加が最も多く、次いで11-20人(31%)、3位は新郎新婦2人で20%だった。

日本から7時間半という距離のバリ島だが、「時差が1時間で高齢者の親族でも呼びやすい」「バリは初めてだから旅行気分で友人たちが参加してくれた」といったバリならではの理由や「最初で最後の両家家族の海外旅行だと思うからと喜んで来てくれた!」など、これぞ「海外挙式ならでは!」という声もあり、新郎新婦+家族+友人というケースが多数派を占める結果となった。

調査では他にも「ドレスはレンタルor購入」「参列者に対するお足代」「帰国後パーティーはご祝儀制?会費制?」などの質問を実施。

アンケートをもとにした「先輩新婦300人に聞いたバリ婚のホンネ」と題した企画ページで公開している。



続きを読む