英語の次に学習したい外国語、1位は中国語だが人気急落。女性は韓国語が1位

写真拡大

Skypeを使ったオンライン外国語会話サービスを手掛けるイーコミュニケーションはこのほど、「第2外国語人気調査」の調査結果を発表した。

同調査は、ポータルサイトgoo会員を対象に行われ、624名から回答を得た。

「英語の次に学習したい(している)外国語」を聞いたところ、1位は「中国語」で21%。

2位は「韓国語」で19%。

3位は「フランス語」で17%。

以下「ドイツ語」(13%)、「スペイン語、イタリア語」(9%)となった。

男女別に見ると、男性は「中国語」(23%)、「ドイツ語」(17%)、「フランス語」(15%)だったのに対し、女性は「韓国語」(27%)、「フランス語」(20%)、「中国語」(17%)となった。

昨年行われた同調査と比較したところ、1位は「中国語」で変わらないが、比率は全体で38%から21%へ、男性は43%から23%へ、女性は30%から17%へと大きく下落した。

他に減少したのは「スペイン語」で15%から9%となった。

対して「韓国語」は15%から19%へ、「フランス語」は11%から17%へ、「ドイツ語」は6%から13%へとそれぞれ増加した。